等級は引き継がれる? 正解のタイミングは? 自動車保険会社の「乗り換え」は損か否か (1/2ページ)

等級は引き継がれる? 正解のタイミングは? 自動車保険会社の「乗り換え」は損か否か

この記事をまとめると

■自動車保険は維持費のなかでも大きなウエイトを占める

■条件を見直し、保険会社の乗り換えを検討することもあるだろう

■損をしない乗り換え方や判断基準について解説する

原則として等級はそのまま引き継がれる

 車検と税金と並んで、クルマの維持費で大きなウエイトを占める自動車保険。

 保険料を少しでも安くしたい、事故対応が悪かった、もっと補償を充実させたい、などの理由で保険会社の乗り換えを考えることがあるだろう。

 そうしたとき、何年も無事故で積み上げてきた等級がリセットされたり、引き下げられてしまうのでは、と心配するかもしれないが、現在加入している保険会社あるいは共済から、別の保険会社に乗り換えても、原則として等級はそのまま引き継がれるので大丈夫。

【関連記事】「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

自動車保険の等級のイメージ画像はこちら

 ただし、満期日前に他社の保険に乗り換えると、等級の進みが遅くなるので要注意。保険会社を乗り換えるのなら、満期のタイミングに合わせて手続きするのがベストだ。

 また自動継続特約がついている保険も増えているので、保険会社を乗り換える場合は、早めに現在加入している保険会社に、次の満期で解約することを伝えておくことが肝要だ。

 ちなみに、満期日を待たずに途中解約した場合、年払した保険料の解約返戻金は、残りの期間の分を月割で計算した額よりも少なくなるのが一般的。よほどのことがなければ、満期に合わせて乗り換えたほうが経済的だ。

画像ギャラリー