ダイハツから久々にハイブリッドモデルが登場! 今度のロッキーはシリーズ式で燃費28.0km/Lを実現 (1/2ページ)

ダイハツから久々にハイブリッドモデルが登場! 今度のロッキーはシリーズ式で燃費28.0km/Lを実現

この記事をまとめると

■ダイハツ・ロッキーにシリーズ式ハイブリッドシステムの「e-SMART HYBRID」を搭載

■新開発1.2リッター直3エンジンと発電・充電制御の最適化により燃費28.0km/Lを実現

■従来の1リッターターボエンジンは4WDモデルに継続搭載される

10年ぶりとなるダイハツのハイブリッドはシリーズ方式で

「良品廉価」「最小単位を極める」「先進技術をみんなのものに」という基本思想のもと、1mm、1g、1円、1秒にこだわり、生活に寄り添ったクルマづくりに取り組むダイハツが、11月1日、人気のコンパクトSUVであるロッキーにハイブリッドシステム「e-SMART HYBRID」を搭載して発売した。

【関連記事】どう考えても「安すぎ」だろ! 中身に対して「価格設定」が「おかしい」クルマ5選

新型ロッキー・ハイブリッドのフロントスタイリング画像はこちら

 新開発の「e-SMART HYBRID」は、エンジンで発電し、その電力を使用してモーターで走行するシリーズ方式を採用したハイブリッドシステムで、新開発となる1.2リッター直3エンジンを発電専用として組み合わせたシンプルな機構が特徴。シリーズハイブリッド方式は、低・中速走行を得意としており、街乗りでの使用頻度が高いロッキーには最適のハイブリッドシステムと言えるだろう。

新型ロッキー・ハイブリッドのモーター走行イメージ画像はこちら

 バッテリーにはエネルギー効率の高いリチウムイオン電池を採用。日常使いの多い客のニーズに合わせて4.3Ahというコンパクトな容量とすることで、性能とコストをバランスさせている。

 また、ハイブリッドモデルには、アクセルペダルの踏み加減を調整するだけで車速をコントロールすることができる「スマートペダル」を採用。加減速を繰り返す街中や下り坂、雪道、連続したカーブなどでは、ブレーキへの踏みかえ頻度が減り、楽に運転することができるようになっている。スマートペダルはOFFにすることができ、従来通りの運転フィールでの走行も可能だ。

新型ロッキー・ハイブリッドのインテリア画像はこちら

 ドライブモードには、出足の力強い加速が特長の「ノーマルモード」と燃費に優しい「エコモード」が選択可能だ。

画像ギャラリー


新着情報