デジタルマトリクスLEDヘッドライトが光の絨毯を生み出す! 顔変したアウディA8の秘密は130万個のマイクロミラーを備えた目にあった (1/2ページ)

デジタルマトリクスLEDヘッドライトが光の絨毯を生み出す! 顔変したアウディA8の秘密は130万個のマイクロミラーを備えた目にあった

この記事をまとめると

■アウディのフラッグシップサルーンA8がフェイスリフトを受けた

■グリル幅が拡大され存在感をアップするとともにスポーティなイメージが付加された

■デジタルマトリクスLEDヘッドライトによる制御が走行ラインのみを照らし出す

アウディA8がフェイスリフトで存在感爆アゲ

 1994年に登場したアウディA8は、アウディのフラッグシップとして、またラグジュアリーセダンとして、カテゴリーの先頭を走ってきたトップランナーだ。現行モデルは2017年に登場した第4世代で、パフォーマンス、スタイル、装備のあらゆる面で大きな進化を果たしている。そんなアウディA8にフェイスリフトが施された。

【関連記事】超ハイテク「しゃくとり虫」! ボディが伸び縮みする「アウディ・スカイスフィア」は何目的のコンセプト?

アウディA8の走行シーン画像はこちら

 今回のフェイスリフトで、A8のエクステリアはさらに存在感を増した。シングルフレームグリルのベースは幅広くなり、サイズが拡大されたクロームアングルが下方から上方へと伸びて、印象的なグリルを創出。サイドエアインテークはより直立したデザインとなり、ヘッドライトと同様に新鮮な印象を与えている。フロントエンドのデザインは全体的に見直され、調和の取れたデザインエレメントが採用されたことで、アウディブランドのトップモデルとしての存在感がさらに高められている。

アウディA8の真正面スタイリング画像はこちら

 サイドビューでは、ルーフがフラットなラインを描いてボディ全体の長さを強調する一方で、ワイドなホイールアーチが、クアトロドライブシステムが採用されていることを暗示する。すべてのバージョンで、ロッカーパネルには新しい形状が採用され、その下端にはブレードを装着。

 リヤエンドは、ワイドなクロームライン、デジタルOLEDテクノロジーを採用してカスタマイズ可能となったテールライト、横幅一杯に広がるセグメント化されたライトストリップなどで特徴づけされている。アウディA8は、排気フローを最適化した4本出しの丸形テールパイプを備えるが、これはSモデルによく見られるスタイルで、スポーティなデザインを象徴する要素のひとつとなっている。

アウディA8のリヤスタイリング画像はこちら

画像ギャラリー