ベントレーのハイブリッドは効率的な電動走行をサポートしてくれる! ベンテイガハイブリッドを日本でお披露目 (1/2ページ)

ベントレーのハイブリッドは効率的な電動走行をサポートしてくれる! ベンテイガハイブリッドを日本でお披露目

この記事をまとめると

■ベントレーが「ビヨンド100」の第一歩となるベンテイガハイブリッドを日本でお披露目

■3リッターV6+モーターによりシステム最高出力・最大トルクは449馬力・700Nm

■ベントレー最新テクノロジーによりもっとも効率的な走行をサポートしてくれる

第2世代ベンテイガにハイブリッドモデルを日本初設定

 11月2日、ベントレーがベンテイガハイブリッドを日本でお披露目した。

【関連記事】ウン千万円の走る「住宅」! 「ロールス」「ランボ」「ベントレー」「マイバッハ」の超豪華SUVを選ぶならドレが正解?

ベントレー・ベンテイガハイブリッドのフロントスタイリング画像はこちら

 ベントレー・ベンテイガハイブリッドは、ベントレーが20年スパンの長期事業戦略として掲げる「ビヨンド100」の最初のステップとなるモデルで、本国ではすでに2021年1月に発表されていたモデルだ。

 ベントレー・ベンテイガハイブリッドは、スピード、S、V8に続くモデルであり、最高峰のラグジュアリーを乗員にもたらしながら、時にはスポーツカーも顔負けのパフォーマンスを示し、また時には音もなく滑るように街中を進む。

 搭載されるのは、3リッターV6ツインターボエンジン+モーターというハイブリッドパワートレインで、エンジンの最高出力・最大トルクはそれぞれ340馬力・450Nm、モーターの最高出力・最大トルクはそれぞれ128馬力・350Nm、システム最高出力・最大トルクはそれぞれ449馬力・700Nmとなる。

ベントレー・ベンテイガハイブリッドのエンジン画像はこちら

 リチウムバッテリー容量は17.3kWhで、フル充電に要する時間は約2時間半。ベンテイガハイブリッドはクルマの電源を入れると、まずはEVドライブモードとなり、電力だけで約50kmの走行ができる。多くの人にとっては、日常のほとんどのシーンを電力だけを使用した走行でまかなえるだろう。

画像ギャラリー