昭和オヤジは「やるなぁ!」 いまのクルマ好きは「?」 お笑い芸人が買って話題の「スタタボ」って何? (1/2ページ)

昭和オヤジは「やるなぁ!」 いまのクルマ好きは「?」 お笑い芸人が買って話題の「スタタボ」って何?

この記事をまとめると

■人気お笑い芸人が意外な旧車を購入したことで話題となったクルマを紹介

■トヨタのホットハッチで通称「スタタボ」と呼ばれていた

■「スタタボ」の魅力を解説する

「スタタボ」とは”スターレット”の”ターボモデル”のことだ!

 お笑い芸人のロンドンブーツ1号2号、田村亮さんがYOUTUBE上で購入を発表した「スタタボ」ことトヨタ スターレットターボ。このモデルは果たしてどんなクルマだったのだろうか?

 そもそもスターレットとは、トヨタの小型大衆車「パブリカ」の上級かつスポーティバーションの「パブリカ・スターレット」として1973年に登場したものに端を発しており、歴代のスターレットや直接的な後継車種であるヴィッツ→ヤリスの車両型式に「P」が入るのも(例:KSP210)パブリカの流れを汲むモデルを表しているためなのだ。

【関連記事】ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

パブリカスターレット 全体画像はこちら

 初代、2代目とFRレイアウトを踏襲していたスターレットであるが、3代目からは時代の流れに乗って、車格や1.3リッターの排気量はそのままに(エンジン型式は一新)フロントエンジンフロントドライブのFFレイアウトを採用。亮さんが購入したモデルは、この1984年にデビューした通算3代目モデルである。

スターレット走り画像はこちら

画像ギャラリー