「トヨタ/レクサス スターレット」の記事一覧

トヨタ/レクサス スターレットに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

最初はシティーハンターに憧れてミニ! 「フナタン」こと小鮒康一さんは一桁万円のクルマも大好きだった【みんなの愛車遍歴 Vol.5】

この記事をまとめると ■「フナタン」の愛称で親しまれるライター小鮒康一さんの愛車遍歴を紹介 ■最初は「クルマ好き」よりかはマンガに出ていたクルマと同じクルマが欲しいだけだった ■現在ではロードスターやリーフなど、新旧の名...

続きを読む...

インディ500にも参戦した桃田健史さんはスポーツカーから大型ピックアップまで振れ幅MAX!【みんなの愛車遍歴 Vol.4】

この記事をまとめると ■モータージャーナリストとして活躍する桃田健史さんの愛車遍歴を紹介 ■桃田さんのクルマ現体験は小学5年生の時に乗ったダットサン・ベイビィだった ■レーシングマシンからピックアップトラックなどさまざま...

続きを読む...

ズバッと新車販売を斬る辛口ジャーナリスト渡辺陽一郎さんは予算は30万円が基本だった!【みんなの愛車遍歴 Vol.3】

この記事をまとめると ■WEB CARTOPでお馴染みの渡辺陽一郎さんの愛車遍歴を紹介 ■昔、クルマを選ぶ基準の予算はいつも30万円だった ■さまざまなクルマに乗った知見が今も仕事で生きている 最初の条件はスポーツ感を感...

続きを読む...

自動車コラムニスト山本晋也さん最終的に行きついたのはエブリイバンだった! 【みんなの愛車遍歴 Vol.2】

この記事をまとめると ■WEB CARTOP執筆陣の愛車遍歴を紹介、第2弾は自動車コラムニストの山本晋也さん ■最初のマイカーはスターレットGTで独立初期の相棒はアルミボディの2シーター ■経験することを優先したクルマ選...

続きを読む...

昭和オヤジは「やるなぁ!」 いまのクルマ好きは「?」 お笑い芸人が買って話題の「スタタボ」って何?

この記事をまとめると ■人気お笑い芸人が意外な旧車を購入したことで話題となったクルマを紹介 ■トヨタのホットハッチで通称「スタタボ」と呼ばれていた ■「スタタボ」の魅力を解説する 「スタタボ」とは”スターレット”の”ター...

続きを読む...

もはや暴れ馬! だがそれが最高だった! 当時のクルマ好きを「恐れさせ」「楽しませた」ドッカンターボ車4台

この記事をまとめると ■燃費と出力を稼ぐのに欠かせないターボエンジンは1980年代にも流行したことがある ■当時のターボは高回転で唐突にパワーが炸裂するドッカンターボだった ■タイヤとシャーシーの性能がパワーに追いつけず...

続きを読む...

手軽に買えたのにドコに消えた? 中古市場で「絶滅寸前」のメジャー車3選

あんなに売れたのにお前たちはどこへ行ってしまったんだ!?  現在人気を集めている旧車。もはやブームといっても差し支えないほどであるが、その中には少し前までは簡単に中古車として見つけることができたのに、気づけば希少車となっ...

続きを読む...

保守的だなんて誰がいった? トヨタが生んだ尖りに尖った「攻めのクルマ」5選

圧倒的なパワーを感じるスリリングな乗り味も!  トヨタといえば「80点主義」という言葉に代表される優等生ブランドというイメージが強い。80点主義というのは満点を狙わずに手堅い商品開発を行なうという意味ではなく、すべての評...

続きを読む...

ツウも唸る隠れ名車! まだ安く入手可能なちょっとマイナーな国産ネオクラ車4選

今ならまだふた桁万円で入手できる個体が多数!  未だに「旧車」というと1970年代以前のモデルを指すことが多いが、気がつけば来年で2020年となるわけで、1980年代に生まれた車両たちであっても40年近い年月を経た、立派...

続きを読む...

最近欲しいクルマがない……と嘆く人に人生一度は乗ってほしい刺激的な90年代国産車5選

今のクルマが物足りないと感じるなら90年代車に乗るべき  現代のクルマ選びでは環境性能や先進安全装備が重視される傾向にある。クリーンな排ガスを実現するためにエンジンは高回転まで使わないようになっているし、エアバッグなどの...

続きを読む...

デイリーランキング