最新の300系ランクルじゃダメなワケがある! 80年代に登場した「70系ランクル」がいまだ現役な理由 (1/2ページ)

最新の300系ランクルじゃダメなワケがある! 80年代に登場した「70系ランクル」がいまだ現役な理由

この記事をまとめると

◼︎70系ランドクルーザーをプレイバック

◼︎今では絶版車だが、過去に再生産されていたり、海外向けにまだ新車販売されている

◼︎新興国をはじめ、まだまだ世界中で使用されており信頼性は抜群

70系こそもっともランクルらしいランクルである

 1951年誕生のトヨタBJをルーツに持つランクルことランドクルーザー。今年はフラッグシップが200系から300系に進化した。ひとまわり小柄なプラド150系も、近々モデルチェンジすると噂されている。

【関連記事】ランクル300は異例ずくめ! 超長期納車待ちに「厳しい購入審査」が存在した

ランクル300全体画像はこちら

 しかし、現在生産されているランクルはこの2車種だけではない。数年前に期間限定で日本国内でも売られたナナマルこと70系もある。日本での販売終了と同時に、70系そのものも生産を終えたと思っている人がいるかもしれないが、実際は現在も海外向けに作られている。

70ランクル走り画像はこちら

 70系が登場したのは1984年。それまで20年以上生産が続けられた、クラシカルな40系に代わる車種だったが、気がつけば70系はさらに長い歳月を生き続けている。

 じつは70系、デビューしたときから最新ではなかった。僕は自動車メディアで最初に身を置いたのがSUVやミニバンの専門誌の編集部で、デビュー直後の70系を何度もドライブしており、そのときの印象が記憶に残っているのだ。

70ランクルピックアップ全体画像はこちら

 当時はパジェロやテラノなど、スタイリッシュで乗り心地やハンドリングもいいSUVが続々デビューしていた頃。ところが70系は、前任の40系から大排気量の直列4気筒ディーゼルエンジンや前後リーフリジッドのサスペンションなどを受け継いだので、デビューしたてなのに古く感じた。

70ランクル走り画像はこちら

 その後も何度かランクル70系に乗った。ディーゼルエンジンが新設計の5気筒や6気筒に代わり、フロントサスペンションのスプリングがリーフからコイルに置き換えられるなどの改良もあった。けれどほかのSUV車はそれ以上の進化をしていて、むしろ旧さが目立つようになっていった。

画像ギャラリー