「広汽豊田」に「東風本田」! 「中国」でトヨタ・ホンダ・日産と名乗れない事情 (1/2ページ)

「広汽豊田」に「東風本田」! 「中国」でトヨタ・ホンダ・日産と名乗れない事情

この記事をまとめると

■世界一の自動車大国である中国を走るクルマには見慣れない漢字エンブレムが付いている

■漢字エンブレムは海外メーカーと現地メーカーによる合弁会社のエンブレムだ

■中国でクルマを製造販売するには現地企業との合弁会社せつりつが義務付けられている

四文字の漢字バッジは中国企業との合弁会社のエンブレム

 いまや、世界最大の自動車大国となった中国。国際自動車工業連合会(OICA:オイカ)によると、直近2020年の国別自動車販売数では、中国は約2531万台(前年比1.9%減)で第1位だ。次いで、アメリカが約1445万台(15.2%減)、そして第3位が日本で約460万台(11.5%減)となる。

【関連記事】【500ps超え】スーパーカー並のスペックを持つ超荒削りな中華SUVに乗った

中国の公道を走るクルマのイメージ画像はこちら

 こうした数字を見るだけでも、世界自動車産業界における中国の存在感の大きさがよく分かる。

 そんな中国に実際に行ってみると、多くの日本人が「あれ?」と思うような光景を目にすることになる。上海や北京など、中国の街中を走っているクルマの後部には、日本ではあまり見たことがない漢字四文字が並んでいるからだ。

中国で販売されるフォルクスワーゲンのリヤスタイリング画像はこちら

 一汽〇〇、東風〇〇、上海〇〇といった具合で、〇〇にはトヨタ、日産、ホンダなど示す中国の文字が書かれている。これらは、海外メーカーが中国で設立した合弁会社の名称である。 一汽とは第一汽車、東風は東風汽車、そして上海は上海汽車という中国地場の自動車メーカーである。

トヨタとの合弁会社である広汽豊田のエンブレム画像はこちら

画像ギャラリー