狭い道もビビる必要なし! 駐車の不安もない! 5ナンバーなのにめちゃめちゃ荷物が積める有能コンパクトカー4選 (1/2ページ)

狭い道もビビる必要なし! 駐車の不安もない! 5ナンバーなのにめちゃめちゃ荷物が積める有能コンパクトカー4選

この記事をまとめると

■5ナンバーでも積載力のあるクルマを紹介

■3ナンバー車もビックリなくらい荷物が入るクルマもある

■ただし、全高が高いので一部の駐車場には入らない場合も

5ナンバーでもワンランク上の積載能力を持つクルマを一挙紹介

 運転スキルや自宅の駐車場事情、自宅のまわりの道路事情などによって、コンパクトカーしか選びようがない人でも、後席を含めたフル乗車性の良さが必要で、また、荷物をたっぷり積みたいという要望はあるはずだ。ここでは、国産5ナンバーに限定した、後席が広くゆったりでき、荷物の積載性にも優れているクルマたちを紹介したい。

【関連記事】乗るたびに惚れ直す! けっして高額じゃないのに内装がオシャレすぎる軽&コンパクトカー5選

青山さん運転画像はこちら

 まず、前後席フル乗車、つまり後席に3人乗車する際の大きなポイントが、シート幅はもちろん、フロアがフラットであることだ。中央にトンネルの出っ張りがあると、中央席の乗員の足もとが制限され、また後席右側の乗員が左リヤドア(歩道側)から降車する際の足運びも悪くなるからだ。もちろん、後席の乗降性まで含めれば、リヤスライドドアが有利なことは言うまでもない。

1)スズキ・ソリオ

 そこで、5ナンバーサイズのコンパクトカーでまずお薦めしたいのが、プチバンと呼べるスズキ・ソリオだ。

ソリオ走り画像はこちら

 リヤスライドドア、低床という決定打とともに、身長172cmの筆者のドライビングポジション、着座基準で(以下同)、後席頭上空間220mm、より後席の居住性の良し悪しに影響する膝周り空間はクラス最大、かつ前席が遥か遠くに感じられる!? 360mm(後席スライド機構最後端位置)に達するのである。Mクラスボックス型ミニバンのホンダ・ステップワゴンの2列目席も最大360mmだから、いかに足もと空間が広いかがわかるだろう。しかもフロアはフラット。リヤサイドウインドウにはロールブラインドも付くから完璧である。

ソリオ青山さん座り画像はこちら

 しかも、ラゲッジスペースはフロア幅がベビーカーなども真横に積むことが可能な1030mm、奥行は後席最後端位置でも550mm、後席を前にスライドさせれば715mmまで拡大するのだから、大きな荷物も積載もOK。具体的には、機内持ち込みサイズのキャリーケースが人数分、つまり5個積めるのだから積載性は文句なし。さらに床下にも機内持ち込みサイズのキャリーケースがすっぽり入る収納スペースがあるのだから完璧である。

ソリオラゲッジ画像はこちら

2)トヨタ・ルーミー&ダイハツ・トール

 同じジャンルの5ナンバー&両側スライドドアのプチバン、トヨタ・ルーミー、ダイハツ・トールもソリオと同じようなパッケージ、室内、ラゲッジルーム空間を備えている。

ルーミー走り画像はこちら

 具体的には、フラットフロアの後席居住空間は筆者の着座で頭上に190mm、膝まわりにはソリオをわずかに上まわる最大385mmもの余裕があるからびっくりだ。ラゲッジルームにしてもフロア幅1035mm、奥行き500~740mm(後席スライド位置による)もあり、多機能デッキボードでラゲッジルームを上下2分割させることもできるのだから、使い勝手はもう抜群と言える。

ルーミーラゲッジ画像はこちら

画像ギャラリー