匠の職人技で仕上げられた漆黒のベントレー! コンチネンタルGTマリナーに「ブラックライン」仕様を追加 (1/2ページ)

匠の職人技で仕上げられた漆黒のベントレー! コンチネンタルGTマリナーに「ブラックライン」仕様を追加

この記事をまとめると

■ベントレー・コンチネンタルGTに人気の特別仕様「ブラックライン」を追加設定

■「ブラックライン」は輝くクロームパーツ類を全てブラックのパーツに変更した精悍な仕様

■ベントレーの匠職人集団「マリナー」によって仕上げられる

クロームパーツをブラックパーツに変更してイメージチェンジ

 イギリスには数多くの高級車ブランドがあるが、そのなかでもスポーティさと豪華さをバランスよくあわせ持つブランドとして支持されているのがベントレーだ。中でもコンチネンタルGTは、モータースポーツにも参戦し、200km/hを超える速度でもラグジュアリーを享受できるベントレーのフラッグシップクーペだ。

 そんなコンチネンタルGTに、ベントレーの他のモデルにもエクステリアのオプションとして採用されて人気の仕様となっている「マリナーブラックライン」が設定された。

【関連記事】お金持ちはクルマの次は船に行く! ランボにレクサスにメルセデスまでもが「船」に手を出すワケ

コンチネンタルGTマリナーに「ブラックライン」仕様を追加画像はこちら

 コンチネンタルGTのマリナーブラックラインは、ベントレーの匠職人集団であるマリナーの手によるもので、エクステリアのクロームパーツがブラックのパーツに置き換えられており、クラストップの超高級グランドツアラーであるコンチネンタルGTに、精悍でダークな雰囲気をプラス。

 これは、コンチネンタルGTシリーズのブライトウェアをブラックに変更したいという要望に応えたもので、最新のGTマリナーやGTマリナーコンバーチブルとも明らかにエクステリアの趣が異なっている。ブラックラインではベントレーのウィングド「B」バッジ以外のすべてのブライトウェアがブラックに統一され、ラジエターグリルもブラックに、またGTマリナーではサテンシルバーとなるアッパーミラーキャップも黒光りする「ベルーガ」で仕上げられ、黒い塊の中に「Mulliner」のロゴだけが明るく輝く。

ベントレー・コンチネンタルGTマリナーブラックラインのリヤスタイリング画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報