クルマ好きでもオタク感を消すにはどうしたら? うまく自己主張できるオシャレアパレルの合わせ方 (1/2ページ)

クルマ好きでもオタク感を消すにはどうしたら? うまく自己主張できるオシャレアパレルの合わせ方

この記事をまとめると

■せっかく憧れのクルマを手に入れたなら、愛車に似合うファッションを楽しみたい

■しかしメーカーのロゴが堂々と入ったアイテムなどはオタクっぽく見えてしまうことも

■この記事ではおしゃれなコーディネートのしかたを解説する

運転のしやすさも考慮すると良い

 せっかく憧れのクルマを手に入れたなら、そのクルマに似合うファッションでドライブ、お出かけを楽しみたいものだ。しかしながら、愛車への愛が強すぎて、クルマのメーカーのロゴが堂々と入った、一目でそれと分かるようなファッションだと、いかにもなオタクっぽい雰囲気が出てしまう。ファッションは自由だから、それはそれで満足できるのなら構わないが、オシャレな人、と言い難い面もある。

 昔、昔、筆者がフェアレディZ(ダットサンスポーツカークラブの会員だったほどZに惚れていた時代)やBMW3シリーズに乗っていたころ、ダットサンやBMWのロゴ入りTシャツを自慢気に着ていられたのは、若気の至り、昭和という時代が許してくれたから!? それでも当時はこれしかないクルマとのコーディネイト、ファッションだと思っていたんですけどね。

【関連記事】乗るたびに惚れ直す! けっして高額じゃないのに内装がオシャレすぎる軽&コンパクトカー5選

日産フェアレディZとのコーディネート画像はこちら

 では今の時代、どうクルマとファッションのコーディネイトをすればオシャレに、カッコ良く見えるのか?

 ハイブランドで身を固めればいいわけでは決してなく、まずは運転するのに相応しいコーディネイトを基本とすべきだろう。冬の寒い季節であればダウンコートは不可欠だが、ロング丈、ミドル丈だと、裾をお尻に敷くようになり、着たまま運転したとすれば、お尻が滑りやすくなり、シート本来のサポート性が得られなくなるからNGとしたい。よって、アウターを着たまま運転するという前提では、お尻まわりがすっきりするショート丈のブルゾン、ダウンブルゾンが適役だ。

ショート丈のダウンコート01画像はこちら

 ここでひとつ注意点を。アウターにフードが付いている場合、そこがダウン入りのように分厚くなっていると、ヘッドレストと干渉し、頭が疲れる運転姿勢になりがち。薄手のフードパーカーなら問題はないが、分厚いフード付きのダウンブルゾンは、ショート丈であってもできれば脱いで運転すべきだろう。

ショート丈のダウンコート02画像はこちら

 そしてトップス、ボトムともにシワになりにくい素材を選ぶというのもドライビングファッションのポイントだと思っている。クルマを運転していると、シャツの背中やパンツがシワになりやすい。颯爽とクルマから下りたとき、衣服がシワシワだと、あまりカッコ良くないではないか(個人の意見です)。シワを気にして運転に集中できない、なんてことも、オシャレさんならありがちではないだろうか(ベンチレーション機能付きのシートは夏、汗をかくような季節でも、衣服がシワになりにくいです)。

 ただし、シワになりにくいからと言って、ポリエステルなどツルツルした素材のトップス、ボトムは運転に不向き。シートの上で滑りやすいため、安全運転に欠かせない、運転疲労の低減にもつながる正しい運転姿勢が崩れてしまいがちだからだ。

名前:
青山尚暉
肩書き:
2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
趣味:
スニーカー、バッグ、帽子の蒐集、車内の計測
好きな有名人:
Yuming

画像ギャラリー


新着情報