新型ノアヴォク登場でユーザーに恩恵! 好条件かつ短納期で「いまが買い」のクルマ5選 (1/2ページ)

noteで書く
新型ノアヴォク登場でユーザーに恩恵! 好条件かつ短納期で「いまが買い」のクルマ5選

この記事をまとめると

■トヨタ・ノア&ヴォクシーの次期型が来年1月に発売予定

■デビュー直後の納期遅延は避けられないだろう

■次期ノア&ヴォクシー登場で買い得感が高まりそうなモデルを紹介する

ノアヴォクの登場でお買い得になりそうなモデルに注目!

 次期型ノア&ヴォクシーの情報がメディアで飛び交っている。2022年1月13日発売予定となっているが、デビュー直後の納期遅延は避けられないものといえよう。そもそも、昨今のサプライチェーンの混乱がなくとも、デビュー直後の新型車というものは、予約受注に加え、デビュー後に新規受注も大量に入ってくるのがその理由。バックオーダーは積み上がっていくのだが、だからといってすぐに増産することは、生産計画が厳密に練られているのでなかなかできずに、納期遅延だけが拡大していくのが一般的なパターンとなっている。

【関連記事】3女だけが売れず! 「ノアヴォク」と基本は同じも「エスクァイア」が販売不振に陥るワケ

次期ノア&ヴォクシー登場で買い得感が高まりそうなモデル画像はこちら

※写真は現行型

 次期型ノア&ヴォクシーでも、デビュー前後で多くの受注が入るのは容易に想像がつく。最近の新型車は、サプライチェーンの混乱が続いていることもあり、一定台数を生産できる部品を確保してから生産を開始し、それに合わせて発売となるケースが多いように見える。そのため、この“一定台数”に購入希望車種が入らないと、深刻な納期遅延に巻き込まれる覚悟はしなければならないだろう。とにかく次期ノア&ヴォクシーが欲しいのなら、発売日を待たずに年内から動き出すことをおすすめする。

 そして、次期ノア&ヴォクシーの登場による相乗効果で増販を狙っているモデルが買い得となっており、しかもおそらく次期型ノア&ヴォクシーよりも納期が早いのでねらい目ともいえるのである。ここからは、そんな次期ノア&ヴォクシー登場で買い得感が高まりそうなモデルを紹介しよう。

1)日産セレナ

 12月上旬に某日産系ディーラーを訪れると、店頭にセレナが展示してあった。「もうすぐノア&ヴォクシーの新型が出ますよね」と、セールスマンに話をふると、「ノア&ヴォクシーは新型への生産切り替えもあり、現行モデルの新規での工場へのオーダーはかなり前に停まっております。そのため現行モデルの市中在庫も限定的となっているとも聞きますので、セレナを積極的に売っております。完成車在庫を豊富にそろえており、2カ月もあれば納車できます」と状況を話してくれた。

日産セレナ画像はこちら

 セレナも2022年後半あたりにフルモデルチェンジを予定しているので、次期型ノア&ヴォクシーを意識して、在庫状況も悪くなく、しかも値引きも十分拡大することが期待できる。

2)ホンダ・ステップワゴン

 セレナと並びノア&ヴォクシーのライバルとなるのがホンダ・ステップワゴン。ホンダがウェブサイト上に掲載している、出荷時期のメドを見ると、“一部タイプ・ボディカラーが選べないことがある”とし、ガソリン・HEV(ハイブリッド)ともに出荷時期が1カ月となっているので、納期は2カ月ほどとなっている。これを見ると、新規の工場へのオーダーを停めているものの、先行オーダー車両の生産はまだ継続されているようである。

ホンダ・ステップワゴン画像はこちら

※写真は現行型

 そして2021年12月10日に、ホンダはウェブサイト上で次期型ステップワゴンを先行公開した(公開されたビジュアルは一部のみ)。さらに、2022年1月7日にデザインを初公開するジャパンプレミアイベントをオンラインで開催する予定としている。ステップワゴンの正式発売は2022年春あたりが予定されているようだが、おそらく2022年1月7日から予約受注を開始するものと思われる。

ホンダ・ステップワゴンのティザー画像はこちら

 1月7日のステップワゴンジャパンプレミアの約1週間後に次期型ノア&ヴォクシーが正式発売となるので、2022年の年明け早々からは、まさにこの2台の仁義なき闘いが展開されそうなので、値引きに関しても好条件が期待できる。

画像ギャラリー


新着情報