今年のオートサロンも激アツ! スバルが東京オートサロン2022の出典概要を発表

noteで書く
今年のオートサロンも激アツ! スバルが東京オートサロン2022の出典概要を発表

この記事をまとめると

■スバルが「東京オートサロン2022」に出展するブースの概要を発表

■SUBARU/STIブースでは、スタディモデル「STI E-RA CONCEPT」を世界初公開

■STIパフォーマンスパーツを装着したコンセプトカーやスーパーGT参戦マシンを展示

世界初公開モデルなど話題が目白押し!

 2021年、スバルは「新型BRZ」や「WRX S4」、「アウトバック」の発表や販売を行い大きな注目を集めた。また、トヨタと共同開発のBEV「ソルテラ」も公開されたことでも話題となったことは記憶に新しい。

 そんなスバルが、2年ぶりの開催となる東京オートサロンに出展。その概要を発表した。

 SUBARU/STIブースでは、カーボンニュートラル時代に向けたモータースポーツ車両のスタディモデルとなる「STI E-RA CONCEPT」を世界初公開するという。

【関連記事】ステップワゴン・スパーダにシビック・タイプRも降臨! ホンダが「東京オートサロン2022」で多数のモデルを初公開予定

STI E-RA CONCEPT画像はこちら

 また、さらなる“スポーティさ”と“愉しさ”を追求し、STIパフォーマンスパーツを装着した「WRX S4 STI performance CONCEPT」「LEVORG STI performance CONCEPT」「SUBARU BRZ STI performance」の4台を展示。

WRX S4 STI performance CONCEPT画像はこちら

 そして、2021年にクラス優勝を果たしたSUPER GT参戦車の「SUBARU BRZ GT300 2021」の実車展示も行われるとのことで、スバルファンには見逃せない魅力満載のブースとなりそうだ。

SUBARU BRZ GT300 2021画像はこちら

 各車両の概要は以下の通り。

■ STI E-RA CONCEPT(世界初公開)

 STIは、カーボンニュートラル時代に向けて、モータースポーツの世界で新しい技術の経験と修練を積むことを目的に新プロジェクトを立ち上げ、当プロジェクトで開発を進めてきた「STI E-RA CONCEPT」を初公開。

■ WRX S4 STI performance CONCEPT

 WRX S4 STI Sport Rグレードをベースに、チェリーレッドのアンダースポイラーなどのSTIパフォーマンスパーツを装着。さらに、カーボンリヤスポイラーやパフォーマンスマフラーを特別装備し、究極の一体感を引き上げたコンセプトモデル。

■ LEVORG STI performance CONCEPT

 LEVORG STI Sport Rグレードをベースに、チェリーレッドのアンダースポイラーなどのSTIパフォーマンスパーツやワゴンならで使い勝手を向上させるアイテムを装着。さらに、パフォーマンスマフラーを特別装備し、高いユーティリティとパフォーマンス性能を両立させたコンセプトモデル。

■ SUBARU BRZ STI performance

 SUBARU BRZ SグレードをベースにSTIパフォーマンスパーツを装着。随所にチェリーレッド装飾を施し、運転の愉しさを表現するパーツカスタマイズモデル。

■ SUBARU BRZ GT300 2021

 SUPER GT 2021 GT300クラスシリーズチャンピオンマシン。

 なお、この期間中に2022年のモータースポーツ体制とSTIの今後の活動に関する発表なども行われる模様だ。そのほかにも、グッズの販売や豪華ゲストを招いたトークショーなども開催。スバルファンのみならず、クルマ好きの多くが楽しめるブースとなる予定とのことなので、是非足を運んでみてほしい。

画像ギャラリー


新着情報