ステップワゴン・スパーダにシビック・タイプRも降臨! ホンダが「東京オートサロン2022」で多数のモデルを初公開予定 (1/2ページ)

ステップワゴン・スパーダにシビック・タイプRも降臨! ホンダが「東京オートサロン2022」で多数のモデルを初公開予定

この記事をまとめると

■ホンダが「東京オートサロン2022」にて多数のモデルを展示

■1月7日に初公開されたばかりの新型ステップワゴンのカスタムモデルを展示

■シビック・タイプRプロトタイプを専用偽装を施した状態で展示

新型ステップワゴンのカスタムモデルが早くも登場

 1月7日、新型ステップワゴンの発表で幕を開けるホンダの2022年。新型ステップワゴン世界初公開の興奮も冷めやらぬ1月14日(金)から1月16日(日)に開催される「東京オートサロン2022」にて、ホンダが新型ステップワゴンをベースにしたカスタムモデルと、発売に向けて開発しているヴェゼルe:HEVモデューロXコンセプト、そしてシビック・タイプRプロトタイプ、そのほか多数のモデルを公開することを発表した。

【関連記事】待望のフルモデルチェンジ目前! ホンダ「新型ステップワゴン」のティザーサイトが公開

ホンダ新型ステップワゴンのティザーイメージ画像はこちら

 今回の「東京オートサロン2022」のホンダブースは、「e:HEV」「Nシリーズ」「スポーツモデル」の3つのテーマに分けられて展開される。

 新型ステップワゴンのカスタムモデルは、ステップワゴンe:HEVスパーダ・コンセプトとして、ヴェゼルe:HEVモデューロXとともに「e:HEV」エリアに展示。「ステップワゴンe:HEVスパーダ・コンセプト」の詳細は明かされていないが、これまでのモデルから察するに、ベースの新型ステップワゴンとは外装の意匠変更や内装の質感などで差別化が図られていることが予想される。前モデルではベースモデル以上の人気を博していたステップワゴン・スパーダだけに、どんな姿になっているかに注目が集まるだろう。

 また、ヴェゼルe:HEVモデューロXコンセプトは、実効空力の設計を取り入れたエアロパーツが採用され、また、足まわりにも専用のセッティングが施されるお馴染みの仕様となっている模様。

ホンダ・ヴェゼルe:HEVモデューロXコンセプトのティザーイメージ画像はこちら

 そのほか、「e:HEV」エリアには、SUVイメージを際立たせてアーバンなアウトドアスタイルを表現する「フィット e:HEVクロスター・カスタム」も展示される。

画像ギャラリー


新着情報