今でも世間でまことしやかに信じられている! クルマにまつわる都市伝説5つの真実 (1/2ページ)

今でも世間でまことしやかに信じられている! クルマにまつわる都市伝説5つの真実

この記事をまとめると

■クルマにまつわる「都市伝説」のような噂がいくつか存在する

■ウソを信じてしまうとクルマの安全や耐久性に支障をきたすことも

■この記事では5つの事例の真意について解説する

ウソを信じてしまうと安全なカーライフに支障をきたすことも

 価値観や常識というのは時代とともに変化していくもので、ときにはまったく当てはまらなくなることもある。また、そもそもウソだったりすることも……。気になるのはそれらを信じてしまっている人がいることで、何事も正しい知識は必要となるし、クルマの場合それは安全運転や耐久性などにも関わってくるのでなおさらだ。今回は、そんな都市伝説的な話を集めてみた。

安いガソリンには水が入っている

 激安スタンドというのが存在する。いわゆる見かける石油会社のブランドではなく、無ブランドだったりするから、なんか怪しいと思ってしまうこともある。ただ、見かけないブランドだからといって扱っているのは変なガソリンではなく、商社系や独立系と呼ばれるもので、通常とは別ルートで仕入れているだけ。もちろん品質的には問題ない。

【関連記事】「ACC」のせいというウワサも! 高速でやたら「ブレーキランプ」が連灯するクルマを見かけるワケ

給油のイメージ画像はこちら

 そもそも水が入っていると言われても、水とガソリンは混ざらない。ただ悪徳なのは昔はあるにはあって、正確には灯油やアルコールを混ぜて、販売して摘発されてニュースになることもあった。ちなみにこれらは安くというよりも、通常の価格で売っているところが多かったように思う。

エンジンブレーキはエンジンが壊れる

 アクセルを戻すと、低いギアだとかなりの抵抗があるし、うなるような音がすることから、不安になるのだろう。壊れそう、という意見は昔からある。

エンジンブレーキのイメージ画像はこちら

 気持ちもわからないではないが、ただ通常とは逆の入力なだけで、壊れることはないし、電子制御となった現代ではガソリンの供給はアクセルを戻すと止まるので、シリンダー内部で爆発も起こっていないのでなおさらだ。

画像ギャラリー