オシャレ外遊び派にいま商用車が人気! プロが教えるワクワクが止められない5台とは (1/2ページ)

noteで書く
オシャレ外遊び派にいま商用車が人気! プロが教えるワクワクが止められない5台とは

この記事をまとめると

■ドライブやアウトドアなど趣味の多い人には商用車がオススメだ

■プライベート使用を想定した機能などを取り入れている場合もある

■頑丈で使い勝手も抜群なので私用で使うことも視野に入れてみるのも悪くないだろう

遊び人こそ商用車を選ぶべし!

 新年を迎えて、「今年は●●をやるぞ!」と抱負を胸に秘めている人も多いことと思います。もしその抱負がアクティブなことだったら、相棒には商用車を検討してみてはいかがでしょうか? じつは今、そうしたアクティブな趣味に没頭する人たちや、ライフスタイルのなかでさらりとクルマを使いこなす人たちに、商用車が人気なんです。ひと昔前の商用車はいかにも安っぽくて、白かシルバーしかないようなイメージでしたが、最近の商用車はボディカラーも豊富に揃い、アクセサリーパーツもたくさんあるので自分好みにいじって仕上げていくことも可能。維持費が抑えられる分、やりたいことへの投資がしやすい利点もあります。今回はそんな、おしゃれに乗りこなせる商用車たちをご紹介したいと思います。

 1台目は、これまでの軽バンのイメージを塗り替えて、若い世代からも支持を集めているホンダN-VAN。丸いヘッドライトのフレンドリーなデザインとなる「+STYLE FUN」グレードなら、イエローやグリーン、サーフブルーなどの鮮やかなカラーも含めて8色から選べます。

【関連記事】いま軽トラ・軽1BOXが熱い! 商用車を乗用で乗るメリットとブーム到来の理由

N -VAN全体画像はこちら

 助手席側のセンターピラーがないので、ドア開口部が広大なのも特徴で、両方を開け放てば移動カフェなどのお店としても使えたり、運転席までフルフラットになるシートアレンジで、車中泊などアイディア次第でいろんなことに使えます。

N-VAN車内画像はこちら

 軽自動車なので税金などの維持費が抑えられる上に、最大積載量が350kgと、通常の軽自動車よりタフなところも大きな魅力です。

 2台目は、小まわりのきくボディサイズがいいけど、軽よりはもう少し広い室内が欲しいかな、という人にぴったりのトヨタ・タウンエースバン。5ナンバーサイズのボディで、最小回転半径は4.9mと小回り性能抜群です。

タウンエース全体画像はこちら

 でも室内は天井が高く、両側スライドドアでミニバンのようにリラックス。ラゲッジのフロアも低くフラットで、高さが1300mmほどあるので天井から荷物を吊るしたり棚を作ったりと、趣味の道具の収納には困らないことでしょう。

タウンエース車内画像はこちら

 また、ボディカラーはほとんど選べませんが、オーダー時に自分の好きなロゴやイラストなどをボディに入れてもらうことも可能なので、創作が得意な人は世界に1台のおしゃれなタウンエースを作ってみてはいかがでしょうか。

画像ギャラリー


新着情報