ロータス最後のMRエンジン車「エミーラ」が日本初お披露目! ロータスなのに「快適そう」ってありなのか?【東京オートサロン2022】 (1/2ページ)

noteで書く
ロータス最後のMRエンジン車「エミーラ」が日本初お披露目! ロータスなのに「快適そう」ってありなのか?【東京オートサロン2022】

この記事をまとめると

■ロータスが「東京オートサロン2022」でエミーラを日本初公開した

■展示されたのは日本でもオーダーを受け付けているエミラーV6ファーストエディション

■すでに2022年度生産分となる200台は完売となっている

ロータスブランド最後のミッドシップエンジン車を日本初公開

 いまからちょうど1年ほど前、2021年1月25日にアナウンスがあったとおり、ロータスの一時代を担ったエリーゼ/エキシージ/エヴォーラの生産が2021年内で終了し、そして2021年7月6日、ロータスの新時代到来を告げるモデル、その第一弾となるエミーラが発表された。

 そしてこのたび、そんなロータス・エミーラが、「東京オートサロン2022」のロータスブースで公開・展示された。展示されたエミーラは、2021年10月より、すでに日本でもオーダーを受け付けていた「エミーラV6ファーストエディション」で、その価格は1353万円。

【関連記事】やりすぎ御免! ムダを一切省き走りに徹したクルマ5選

ロータス・エミーラV6ファーストエディションのフロントスタイリング画像はこちら

 現状、世界にたった1台だけ存在する展示用車両であり、「東京オートサロン2022」が終わったあとは、これまたプロモーション用にオーストラリアへと海を渡る予定だそうだ。

画像ギャラリー


新着情報