オラオラ顔ダントツ1位のノア&ヴォクシーは圧巻のデキ! 攻めに攻めてるモデリスタの中身【東京オートサロン2022】

オラオラ顔ダントツ1位のノア&ヴォクシーは圧巻のデキ! 攻めに攻めてるモデリスタの中身【東京オートサロン2022】

この記事をまとめると

■デビュー直後の新型ノア&ヴォクシー純正カスタムスタイルが登場

■クローム加飾がきわだつノアはハデさが強調されるスタイルに

■シグネチャーイルミグリルが水平基調を強調する安定感を感じさせるスタイルに

モデリスタが放つ新型ノアヴォク純正カスタムスタイル

 東京オートサロンに先立つ1月13日に発売されたばかりのトヨタ新型ノア/ヴォクシー。国内ミドルサイズ・ミニバンのベストセラーに向けて、トヨタ・グループ内でカスタムパーツを開発するモデリスタが早々に発表するエアロパーツセットは、実質的な純正ドレスアップキットで、公式カスタマイズドカーといえる。そのため、プレスカンファレンスはスーパーGTのレポートでもお馴染み、俳優の中尾明慶さんのトークを交え、かなりの賑わいとなった。

【関連記事】新型ノアヴォク登場でユーザーに恩恵! 好条件かつ短納期で「いまが買い」のクルマ5選

東京オートサロン2022モデリスタのプレスカンファレンス画像はこちら

 ブースに置かれた2台がヴェールを脱ぎ、新型ノアのエアロモデルと新型ヴォクシー、それぞれのエアロセットの装着車がお披露目された。

 まず前者、ノアの方だが「モデリスタエアロパッケージ」はフロントスポイラー、サイドスカート、リヤスカート、フロントグリルキット、シグネイチャーイルミブレード、イルミルーフスポイラーの6点。さらに、18インチのブラック&ポリッシュのアルミホイールとタイヤのセットを加えると、計7点のドレスアップとなる。

モデリスタエアロパッケージを装着した新型ノアのフロントスタイリング画像はこちら

 ノーマルのままでもワイドな顔つきの新型ノアだが、凹凸とクローム加飾を際立たせるフロントグリルキットとフロントスポイラーによってインパクトを増す。さらに、両脇のフォグランプ上に追加されて縦長に光るシグネイチャーブレードも手伝って、ノーマルよりずっといかつい顔つきになる印象だ。

 展示されたノアには、ヘッドライト上に配されるフードと、ミラーとサイドドアとバックドアのガーニッシュの計4点がセットになった「クールシャインパッケージ」も装着されていた。

モデリスタエアロパッケージを装着した新型ノアのリヤスタイリング画像はこちら

 もう一方の新型ヴォクシー用のエアロパッケージだが、青いLEDをあしらったイルミルーフスポイラーはノアと共通としつつ、フロントスポイラー、サイドスカート、リヤスカート、シグネイチャーイルミグリルの5点キット。

モデリスタのエアロパッケージを装着したヴォクシーのフロントスタイリング画像はこちら

 18インチのアルミホイール&タイヤセットもノアと共通だ。もっとも大胆といえるのは、フロントグリル中央部のトヨタロゴを取り払い、青色LEDとフラットな幅広クロームをあしらったシグネチャーイルミグリルだろう。グリル内の細い2本はヴォクシー用の「クールシャインキット」である4点ガーニッシュに含まれる。

 突き抜けた個性を標榜するヴォクシーだけに、報道陣のカメラはノアよりヴォクシーの方に多く集まったが、どちらかいえばヴォクシーの方が煌めき感を増しつつも水平基調を強めた「地味ハデ」な仕上がりで、濃色ボディカラーのノアのほうがクローム加飾が目立つせいで絢爛な雰囲気にも見えた。この辺りは個々の印象によるところが大きいので、是非とも会場で自分の目で確かめてもらいたい。

画像ギャラリー


新着情報