ノートが大賞を獲ったカー・オブ・ザ・イヤー! 独自に「メーカーのパワー」計算し直した結果はトヨタが圧勝だった (1/2ページ)

ノートが大賞を獲ったカー・オブ・ザ・イヤー! 独自に「メーカーのパワー」計算し直した結果はトヨタが圧勝だった

この記事をまとめると

■日本カー・オブ・ザ・イヤーは1980年に創設された由緒ある賞典

■第42回 2021-2022では日産ノートが大賞に輝いた

■車種単体ではなくメーカーごとに競ったらどのような結果になっていたのかについて解説する

第42回では日産ノートが大賞に輝いた

 その年の代表となる優秀な1台を選ぶべく、1980年に創設された由緒ある賞典である「日本カー・オブ・ザ・イヤー」(通称COTY)。これまでの受賞モデルを振り返ってみると、ソアラやシビック、レガシィやロードスターといった、日本の名車列伝に刻まれる錚々たる名前が並びます。最新の「第42回 2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、すべてのノミネート車のなかからまず「10ベストカー」として10台に絞られました。

 今回はトヨタがミライ、ランドクルーザー、そしてスバルと共同開発した86/BRZと3台も10ベストに残る一方で、日産はノート、ノートオーラ、ノートオーラNISMO、ノートAUTECHクロスオーバーの4台を「ノートシリーズ」とした一団で迎え撃つ態勢に。そこへ先代が大賞を獲っているフォルクスワーゲン・ゴルフや、世界に誇るPHEV技術で立ち向かう三菱アウトランダーも絡み、2021年12月8日に開催された最終選考会は大荒れとなりました。

【関連記事】出せばバカ売れ必至! それでもトヨタが軽自動車を作らないワケ

前回のカー・オブ・ザ・イヤーを「メーカーごと」に採点画像はこちら

 選考方法は、60名の選考委員が1名25点を持ち、1台に必ず10点を投じます。残りの15点を最大9点を上限として4台に振り分けることになっています。そして最後まで続いた86/BRZとの激戦を制し、見事大賞に輝いたのは、日産ノート。日産としては初代リーフ以来、10年ぶりの大賞獲得となりました。また、大賞が国産車だった場合には、もっとも得票の高い輸入車に「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」が授けられることとなっており、フォルクスワーゲン・ゴルフが勝ち取っています。

 さらにCOTYには4つの部門賞があり、その投票では1名10点を最大3台まで、自由に振り分けられることとなっています。その結界今回は、「デザイン・オブ・ザ・イヤー」にBMW 4シリーズ、「テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー」に三菱アウトランダーPHEV、「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・ヤー」にシボレー・コルベット、「K-CARオブ・ザ・イヤー」にはホンダN-ONEがそれぞれ輝いています。

前回のカー・オブ・ザ・イヤーを「メーカーごと」に採点画像はこちら

 さて、ここで気づいた方もいるかもしれませんが、10ベストカーには3台もトヨタ車がノミネートされていたのに、結局は無冠に終わっていますよね。それってどうなの? もしクルマごとの得票数ではなく、F1グランプリのコンストラーズタイトルのように、メーカーごとに得票数を競っていたら、いったいどこが勝っていたのでしょうか。すごく気になりますよね。

 そこで、地道に全ての得票をメーカー対抗で計算し直し、メーカー版COTYを出してみました! 10ベストカーの得票は非公開なので、得票数が公開されている本賞、部門賞で競い、共同開発である86/BRZの得票はそのままトヨタとスバルそれぞれに加算しています。そうするとどうでしょう……超意外な驚きの結果となったのです。

画像ギャラリー


新着情報