25年ルールで人気爆上げ必至なクルマも! 1997年に誕生したモデルが名車だらけだった (1/2ページ)

25年ルールで人気爆上げ必至なクルマも! 1997年に誕生したモデルが名車だらけだった

この記事をまとめると

■1997年に生まれた国産車をプレイバック!

■スポーツカーもファミリーカーも当たり年だった

■今年で25年目を迎えるので、中古相場の値上がりに注意するべし

今でも人気なクルマたちの初代が生まれた1997年

 2022年を迎え、今年からアメリカの25年ルールが解禁される1997年生まれのクルマ達を振り返ってみよう。1997年といえば、東京湾アクアラインが完成した年。

【関連記事】売却厳禁なクルマとは? 手放したが最後再入手が難しい国産スポーツ4選

海ほたる画像はこちら

 当初の通行料は普通車で4000円だったが、海ほたるパーキングエリアは観光スポットのひとつになった。
また韓国の起亜自動車が現代自動車の傘下に入ったのもこの年。映画では『タイタニック』『もののけ姫』がヒットした。

・トヨタ・プリウス(初代)

 そんな1997年、もっとも話題となったのは、世界初の量産ハイブリッド車となったトヨタプリウス。「21世紀に間に合いました」というキャッチコピーどおり、他所のメーカー、とくに海外のメーカーは90年代にハイブリッド車が出てくるとは思っていなかったのでかなり焦ったはず。

初代プリウス画像はこちら

 燃費は10・15モードで28.0km/リッターと驚異的で、燃料の使用量も2分の1なら排ガスも2分の1なら燃料も2分の1。トヨタのカリフォルニアのデザインセンター=CALTYがデザインしたボディは非常に先進的で、未来っぽさだけでなく、車体の割にキャビンが広い実用性の高さを誇った。インテリアもセンターメーターを採用するなど、新しさを満載。

初代プリウスエンジン画像はこちら

 それなのに新車価格が215万円だったのは、正直度肝を抜かれたものだった。1997年はハイブリッド車元年として自動社史に記憶される年になった。

画像ギャラリー


新着情報