3モデル合計で660台の限定モデル! 独創的なデザインが魅力な 限定車「MINI ブリック・レーン・エディション」が登場 (1/2ページ)

3モデル合計で660台の限定モデル! 独創的なデザインが魅力な 限定車「MINI ブリック・レーン・エディション」が登場

この記事をまとめると

■MINIより限定車が登場

■英国ロンドンにあるストリート・アートの聖地ブリック・レーンをモチーフにしている

■3モデルの展開で、合計660台となる

感性に訴える独創的なデザインが魅力なモデル

 イギリスを代表するプレミアムブランド「MINI」は、ローバーミニなどの、初代モデルの雰囲気を受け継ぎながらも、現代風に巧みにリメイクされており、世界中で多くのファンを抱える人気自動車メーカーだ。

 そんな「MINI」より、台数が限定されたスペシャルモデルが登場する。それが限定車「ブリック・レーン・エディション」だ。

【関連記事】素人目には「ソックリ」! どれが新しいかわからない「初代から3代目」までのミニの見分け方

MINI Brick Lane Edition全体画像はこちら

 同モデルは、MINI クーパー 3ドアハッチ、MINI クーパーD 5ドアハッチ、MINI クーパーD クラブマンに設定され、MINI クーパー 3ドアハッチは180台限定、MINI クーパーD 5ドアハッチは300台限定、MINIクーパーD クラブマンは180台限定で販売されるとのこと。

MINI Brick Lane Edition画像はこちら

 MINIブリック・レーン・エディションは、「自由に満ちた、個性の輝き」をコンセプトとして表現したモデルとなっており、車名のブリック・レーンは、MINIの故郷である英国ロンドンにあるストリート・アートの聖地ブリック・レーンに由来しているとのこと。

画像ギャラリー


新着情報