GRパーツを装着した新型ヴォクシーがお出迎え! 話題のデモカー大集結の大阪トヨペットブース【大阪オートメッセ2022】

GRパーツを装着した新型ヴォクシーがお出迎え! 話題のデモカー大集結の大阪トヨペットブース【大阪オートメッセ2022】

この記事をまとめると

■大阪トヨペットが大阪オートメッセ2022に出展

■ランクル300やヴォクシーのデモカーも展示

■GT300チーム「LM corsa/OTG」の今シーズンの体制発表も開催した

大阪エリアを代表するディーラーが渾身のデモカーを展示

 GRガレージを含む大阪トヨペットのブースは、入口から左が車高低めサイド、逆に右側は高いサイドだ。入ってすぐに来場者を迎えてくれるのは、精悍なブラックボディにGRパーツを装着して迫力を増したヴォクシー。シブ好みのオーナー予備軍は全員、足を止めて見入っていた。

【関連記事】5台のマシンが集結! 素通り厳禁のスーパーGTブース【大阪オートメッセ2022】

大阪トヨペットヴォクシー画像はこちら

 さらに奥には、最新のランドクルーザー300系、しかもGRスポーツのJAOS仕様と、同じくJAOSパーツをはじめとするキットが組まれたハイエースのバンライフ仕様、ワンネスHS01が、タープを張ってキャンプというより本格ビバーグの風情。子供も楽しめるサイトが出現している。

ランクルGRスポーツ画像はこちら

 今度は逆側へ、車高低いサイドではGRスープラ、その隣にはテープで仕切られた中に、見慣れないGT300仕様のGRスープラが置かれている。これこそが、LM corsa/OTGが昨年までのレクサスRC Fからスイッチして、2022年シーズンから走らせるニューマシンなのだ。ドライバーは昨年と同じく吉本大樹(写真中)/河野駿佑(左)の両選手。ちょうどその時、2022年新体制発表会がここのブースで行われ、二人のドライバーとともに飯田章監督も登場。

GT300GRスープラ画像はこちら

 その場にいた来場者たちもスマホを取り出して、しかし静かに興奮しながら撮影に励んでいた。というのも、吉本選手は地元大阪の出身。河野選手はLM corsaより以前、初音ミクAMG GT3のデータエンジニアを経験している。ブース最奧にはホイールブランド「TWS」のデモカー、メルセデスAMG-GTがちょうどあったため、撮影が熱を帯びる要素が多々あったのだ。

大阪トヨペットブース画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報