日本車かつ「並行輸入じゃない」のに左ハンドル! 超激レアな「左ハン」で正規販売されたクルマ3選 (1/2ページ)

日本車かつ「並行輸入じゃない」のに左ハンドル! 超激レアな「左ハン」で正規販売されたクルマ3選

この記事をまとめると

■日本メーカーなのにも関わらず左ハンドルで販売されたクルマを紹介

■左ハンドル仕様でもブームの影響もあり売り上げは好調だった

■フルオーダー仕様のクルマは右と左を選べる場合もある

日本車なのに左ハンドルなあべこべマシンを紹介

 言わずもがな日本の道路は左側通行で、すなわち国産車のハンドル位置は右となっているのが基本だ。そして、筆者が知っている限り、日本で作られた左ハンドルの国産車が、いまの日本領土内で売られたという話は、50年前に返還される以前の沖縄(当時はアメリカ)で販売されたケースくらいしか思いつかない。

 もちろん、海外仕様を並行輸入したケースは数多くある。しかし、純粋に日本国内で生産された国産車なのに左ハンドル仕様で日本向けに正規販売されたことはないはずだ。

 とはいえ、国産ブランドが日本向けに左ハンドル車を正規販売したケースはあった。その第1号といえるのが、1988年4月に日本に導入された「ホンダ・アコードクーペ」だ。

【関連記事】「なんであの車種日本に入らない?」と簡単にいうが……輸入車メーカーが日本仕様車を作るときの意外な苦労4つ

アコードクーペ画像はこちら

 ホンダ・ブランドでありながらアメリカ・オハイオ州のメアリーズビル工場で生産されたアコードクーペは、ブランド的には日本車には分類されたが、間違いなく輸入車だった。実際、車検証には「ホンダオブアメリカ」と記されていた。

ホンダオブアメリカエンブレム画像はこちら

 主要スペックは、全長4565mm・全幅1695mm・全高1340mmで、エンジンは総排気量1955ccの4気筒SOHC、トランスミッションは4速ATとなっていた。こうした5ナンバーに収まる諸元からも感じられるかもしれないが、アメリカ仕様をそのまま日本に持ってきたというわけではなく、アメリカの現地法人が日本向けにアレンジした仕様となっていた。

アコードクーペインパネ画像はこちら

 その背景には、日米貿易摩擦に対するポーズとして、日本がアメリカから自動車を輸入しているという事実を残すことが重視されたという話もあったが、その一方で、日本サイドの運輸省(現在は国土交通省の一部になっている)は左ハンドル仕様だけのモデルを日本で正規販売することに難色を示したという話もあった。

 そうしたこともあってか、1990年3月にフルモデルチェンジした2代目アコードクーペでは、同じくホンダオブアメリカ製でありながら右ハンドル仕様も用意するようになった。それでも左ハンドル仕様を選ぶことができたのだった。さらに、1994年2月にモデルチェンジした3代目アコードクーペにおいても引き続き左ハンドル仕様は設定されていた。

アコードクーペ画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報