「アコード」の記事一覧

中身はいいのに不人気ってじつは最高の選択! 安さと個性が魅力の2000年代の中古国産車5選

クルマの出来はバツグンで過剰なほどのハイクオリティなものも  クルマ好きにとって「人とは被らないクルマに乗りたい」というのもクルマを選ぶ際の理由になり得る要素の1つである。しかし「ただ被らなければいい」というものでもなく.…

続きを読む...

新型ホンダアコード登場! 2モーターハイブリッドを搭載し走りと快適性を両立 465万円で発売

力強い走りと広々とした室内空間を両立!  ホンダは、フルモデルチェンジした新型アコードを発売した。2リッターエンジンに2モーターハイブリッドを組み合わせたEXの1グレード展開で、メーカー希望小売価格(税込み)は、465万...

続きを読む...

【まもなく登場の新車はドコがすごい?】国産ニューモデル5台がもつ「唯一無二のウリ」と期待度

走りありきの本格ホットハッチは登場前から大人気  日本の景気は絶好調……という雰囲気ではありませんが、国産のニューモデルは続々と登場することで、2020年も市場の盛り上がりが期待されています。トヨタはヴィッツあらため「ヤ...

続きを読む...

【枝分かれした派生の名前がいつしかメインに!】サブネームから生まれたクルマ8選

スペシャル感やスポーティさを表すためにサブネームが付けられた  完全な新型車が登場する場合、まったく新しい車名というだけでなく、サブネームが付けられることもある。最近では少なくなったが、簡単に言えば枝分かれという形で、メ…

続きを読む...

【じつは売れないってわかってる?】アメリカで成功するも日本でウケない国産車を販売するワケ(後編)

数は少なくても顧客の要望がある以上販売現場は売りたい  トヨタのカムリ、ホンダのアコード。両車はアメリカで年販30万台レベルのロングセラーとして、アメリカ人の生活に馴染んできた。この分野が、Dセグメントセダンだ。もうひと...

続きを読む...

日本のクルマが遅れてるなんて誰が言った! 世界をリードし多大な影響を与えた国産車の技術5選

国産車が世界に先駆けて実現したテクノロジー  走る・止まる・曲がると称される基本機能においてのみならず、利便性や安全性という面からも最新モデルの進化には目を見張るものがある。そのメカニズムは日々進化している。そうして当た…

続きを読む...

中身はよくても伝わらない! 時代に恵まれず販売不振に陥った悲運のクルマ5選

コンセプトが理解しにくく人気が出なかったモデルも……  クルマというのは内容が良くても、コンセプトがわかりにくかった、時代に合っていなかったなど、運や巡り会わせで残念ながら売れなかったもののたくさんある。そんな悲運の名車...

続きを読む...

2020年発売予定! 新型ホンダアコードの先行情報を特設サイトにて公開

スポーティな走りも楽しめる魅力あるセダン  ホンダは、2020年始めに日本で発売する予定の新型アコードに関する先行情報を、ホームページにて公開した。  インサイトのようなフロントマスクをもち、ロー&ワイドなプロポーション...

続きを読む...

【ムービー】Honda 2モーターハイブリッドシステム i-MMDって何? やさしく解説!

藤トモが座学と実技でi-MMDのすべてを伝える  Hondaのハイブリッドシステム、SPORT HYBRID i-MMD。現在インサイト、CR-V、アコード、ステップワゴン、オデッセイと5車種に搭載され、この先発売される...

続きを読む...

今や当たり前の便利装備! 時代を切り拓いた初採用の国産車4選

クルコンが初めて登場したのはなんと55年前!  自動車の進化のスピードはすさまじく、日々新しい技術を採用すべく各メーカーが開発を進めているのはご存知の通り。しかし、今では多くの車種に採用されている装備も、当然ながら初めて...

続きを読む...

新車で買うと悲しくなる! 値落ち激しく極上中古が激安で手に入る現行国産車4選

クルマとしてはいいのに人気薄だから狙い目!  自動車の価値はどうしても目減りしていくもの。そのため、当然ながら乗れば乗るだけ、所有すれば所有するだけ価格は下がってしまう。しかし、その下がり幅は車種によってまちまちで、人気…

続きを読む...

失敗もあるがミレニアムらしい挑戦的なクルマが多数登場! 平成12年誕生の名車&迷車6選

異業種合同プロジェクトの衝撃作も登場した  5月1日から、新しい元号の令和がスタートし、平成が終わった。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といった大規模災害、長かった不景気な...

続きを読む...

ホントに同じメーカーの同一車種? 初代と現行であまりに見た目が違うクルマ5選

2シーターから4ドアセダンとなったモデルも存在  名は体を表すというが、クルマの名前にはイメージが固定されがちだ。とくにロングセラーとなっているモデルではその傾向が強い。たとえば、トヨタ・クラウンは国産の高級セダンという…

続きを読む...

デイリーランキング