「ホンダ アコード」の記事一覧

ホンダ アコードに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

日本での生産を終了していたアコードが新しくなってカムバック! 流麗で洗練されたスタイリングの新型を北米ホンダが発表

この記事をまとめると ■北米ホンダから新型アコードが発表された ■現行モデルの生産が終了している日本にも導入予定であることがアナウンスされた ■流麗なデザインにシャープなアイラインが入った外装デザインを採用 新型アコード...

続きを読む...

オートマなのに便利じゃない!? スターレンジって何? MT全盛時の「AT」は今思えば面白かった!

この記事をまとめると ■何かの機会でMTを見たという理由でMT免許を取得する若者が意外と多いという ■今でこそ当たり前のATも、黎明期はクセが強かった ■AT全盛期の今、あえてMT全盛期だった頃のAT車を振り返ってみた ...

続きを読む...

芸術は爆発……だが売れ行きは爆発しなかった! 美しいデザインでもダメだった残念なクルマ5選

この記事をまとめると ■国産車でデザインが優れていたがセールスに失敗したモデルを紹介 ■欧州車メーカーのデザイナーなどが手掛けていたが、市場との温度感にズレがあった ■いま見ても古さをまったく感じさせない仕立てが魅力的だ...

続きを読む...

ツウに愛された「タイプR」じゃないヤツ! SiR・ユーロR・タイプSの「いぶし銀」っぷりが感動ものだった

この記事をまとめると ■ホンダに存在した「タイプR」以外のスポーツグレードを紹介 ■「SiR」は「タイプR」が登場するまでのトップグレードを担っていた ■「ユーロR」は海外では実質タイプRの立ち位置であった 「タイプR」...

続きを読む...

初見でぶっ飛んだ衝撃デザイン! 日本人の美意識に「挑戦状」を叩きつけた見た目のクルマ4台

この記事をまとめると ■デザインがぶっ飛んでいた国産車を紹介 ■かなり攻めたデザインにもかかわらずセールスは好調だったモデルもある ■マイナーチェンジで無難なデザインになってしまった残念な車種も登場 やっぱりホンダは凄か...

続きを読む...

日本車かつ「並行輸入じゃない」のに左ハンドル! 超激レアな「左ハン」で正規販売されたクルマ3選

この記事をまとめると ■日本メーカーなのにも関わらず左ハンドルで販売されたクルマを紹介 ■左ハンドル仕様でもブームの影響もあり売り上げは好調だった ■フルオーダー仕様のクルマは右と左を選べる場合もある 日本車なのに左ハン...

続きを読む...

不人気車のレッテルは日本だけ! 海外じゃバカ売れしている国産車たち

この記事をまとめると ◼︎海外では日本で不人気なクルマが人気車というケースがある ◼︎日本市場と比較するとその数なんと10倍以上という車種も ◼︎日本では販売を終えている車種も海外ではまだ人気車種として扱われている 日本...

続きを読む...

「SUBARUビッグホーン」に「いすゞ・ジェミネット」! 「そんなのあったっけ?」の衝撃OEM車7選

この記事をまとめると ■自社のニーズにあったクルマのラインアップがない時に用いられるのがOEMだ ■輸入車を国産メーカーがOEMで販売するという例もある ■ベース車とまったく同じ機能を搭載していないケースもある 「そんな...

続きを読む...

クルマが便利になったのは「アナタのお陰」かもしれません! いまじゃ「当たり前装備」にチャレンジした「ファーストペンギン車」6台

この記事をまとめると ◼︎今では当たり前な装備も昔は標準装備ではなかった ◼︎意外にもホンダが日本初や世界初装備を多く取り入れている ◼︎今でも「世界初装備」というのが生まれるくらいクルマの進化は凄まじい 今では当たり前...

続きを読む...

ホンダであってホンダにあらず! 日本導入は見送られた北米展開のブランド「アキュラ」とは

この記事をまとめると ■レクサスよりも早くに日本のプレミアムブランドとして立ち上げられた「アキュラ」 ■北米では顧客満足度調査で自動車メーカーとしてアキュラ単独で幾度も1位に輝いている ■過去にはアキュラブランドの日本展...

続きを読む...

ガンさんが語る「スペックでは分からない」ホンダ・アコードの進化とは 黒沢元治×石田貴臣【動画】

ホンダCR-Vオーナーでもあるガンさんがジャッジ!  ホンダ・アコードがフルモデルチェンジして登場! ガンさんこと黒沢元治さんがステアリングを握り、WEB CARTOP編集長の石田が同乗してクロストークを繰り広げる。ガン...

続きを読む...

ときに「回帰」も重要! スカイライン的「復活成功」を期待したいクルマ3選

スカイラインは「NISSAN」エンブレムに戻して評価上昇!  歴史のある車名というのは、個々のイメージが強いという点がメリットでもありデメリットでもある。そのため、新たな風を送り込みたいメーカーは、時として歴史あるブラン...

続きを読む...

「一発屋王国」なんて言われるホンダにも「長寿車」はある! 息の長いモデルTOP5

ホンダの屋台骨を支えたモデルは今でも現役だ  よくいえば伝統より革新、どちらかというと新しいもの好きなイメージがあるホンダには、スカイラインやクラウンのように、50年以上同じ車名で作られているクルマはなく、どちらかという...

続きを読む...

イメージ変わりすぎ! 50〜60代のクルマ好きが衝撃を受けるほど「キャラ変」したクルマ5選

5ナンバーを守り抜いてきた国産車も肥大化!  青春時代、まだスマホもなく、クルマが最高の相棒だった時代を経験している50-60代のクルマ好きにとって、同じ車名のクルマながら、現行車が旧来のイメージとはまるで違うと感じるこ...

続きを読む...

【試乗】新型ホンダ・アコードは「セダン人気復活」を任せられる「全部のせ」のスゴイやつ

アコードは今後のセダン市場を支える重要な1台  ホンダ・アコードは1976年に初代が登場し世界中で大ヒットを記録した人気モデルだ。今回10代目となる新型が国内マーケットにも登場し、試乗機会に恵まれた。 「国内市場にも」と...

続きを読む...

デイリーランキング