にこるんもマギーさんも乗っている! 金持ちオヤジ御用達は過去のもの! いまメルセデスが女性に寄り添う理由とは (1/2ページ)

にこるんもマギーさんも乗っている! 金持ちオヤジ御用達は過去のもの! いまメルセデスが女性に寄り添う理由とは

この記事をまとめると

■最近、女性からのラブコールが増えている印象を受けるメルセデス・ベンツ

■しかし意外にも女性オーナーの数に変移はないという

■メルセデス・ベンツが早くから女性を応援する取り組みについて解説する

意外にも女性比率は増えていない

 モデル/タレントの藤田ニコルさんがGLBを買ったり、マギーさんがメルセデスAMG CLS53の世界300台限定車を買ったり、最近かなり若い女性からのラブコールが増えている印象を受ける、メルセデス・ベンツ。街を走る様子を見ても、若い女性が運転していることが多くなったように感じます。少し前までは、お金持ちや会社の社長など年配の男性が乗るクルマ、というイメージを持っている人が多かったのではと思いますが、いかがでしょうか。

 もしかしてデータ的にも女性比率が増えているのではと思い、広報担当者に確認したところ、もともとほかのブランドに比べて女性比率がそれなりにあったため、この10年間で見ても、とくに目立って女性比率が増えているデータはないとのこと。マーケティング活動も、常に男性にも女性にも選ばれるような内容を心がけているそうですが、たとえば電動化モデルであるEQシリーズのSNSの発信などは、女性ユーザーの起用を多めにしている、といった工夫はあるとのことでした。

【関連記事】A・B・Cと続くが「Dがなく」てE? メルセデス・ベンツの車名に「抜け」がある謎

メルセデス・ベンツEQC画像はこちら

 ただ、ここ数年で多くの輸入ブランドが女性向けのコンテンツを豊富に作り始め、女性へのアプローチを強めていると感じる一方、その中でもメルセデス・ベンツは早くから女性を応援する取り組みとして、「She’s Mercedes」というプロジェクトをスタートしていました。それは、「ささやかでも心豊かになれるHappyを届けたい」と、新しいことにチャレンジしようとする女性や、ライフスタイルをさらに充実させたいと願う女性の背中をそっと押し、女性がもっと輝くキッカケをつくるプロジェクト。現在も続行中で、オフィシャルサイトの「Mercedes-Benz Live!」というコンテンツで見ることができます。

 ではなぜ、メルセデス・ベンツが早くから女性を応援する取り組みをスタートしたのでしょうか。

画像ギャラリー


新着情報