三菱の伝説がここから再び始まる! 「ラリーアート」日本復活を告げるアクセサリーをアウトランダーなど4車種に設定 (1/2ページ)

noteで書く
三菱の伝説がここから再び始まる! 「ラリーアート」日本復活を告げるアクセサリーをアウトランダーなど4車種に設定

この記事をまとめると

■ラリーアートブランドの日本復活第一弾として4車種のアクセサリーを発売

■アウトランダー、エクリプスクロス、RVR、デリカD:5用にマッドフラップなどを設定

■そのほかにもロゴ入り共通アイテムやアパレルなども発表された

4車種にラリーアートらしいアイテムを設定

「ラリーアート」といえば、ランエボによるWRCでの活躍やパジェロによるダカールラリーでの活躍をサポートしてきた、三菱のヘリテージブランドだ。それだけに、三菱のファンにとって、「ラリーアート」というブランドに対する思い入れは並大抵のものではないだろう。だからこそ2010年のラリーアートによるモータースポーツ活動の終了に涙し、そして2021年のラリーアートブランドの復活の発表に歓喜したに違いない。

 そんなラリーアートは、タイでひと足早く復活を果たしており、トライトンとパジェロスポーツにブランド名をおごった特別仕様車が設定されている。

 そしてこの度、日本でも正式にラリーアートが復活した。ラリーアートブランドの国内復活第一弾として、クロスオーバーSUVのアウトランダーとエクリプス クロス』、コンパクトSUVのRVR、そしてオールラウンドミニバンのデリカD:5用にアクセサリーが設定されたのだ。

 今回新たに設定されたラリーアートアクセサリーは、ラリーアートが築き上げた歴史の中で培ったチャレンジ・スピリッツを表現し、「三菱自動車らしさ」を際立たせるアイテムとなっている。

 アウトランダーに用意されるのは、フロントスキッドガーニッシュとサイドアンダーガーニッシュ、リヤバンパーガーニッシュの3点がセットになるRALLIARTガーニッシュパッケージ(価格17万7870円)、マッドフラップ(価格4万3362円)、サイドデカール(価格3万4848円)、テールゲートスポイラー(6万5340円)、フロアマット(5人乗り仕様価格5万8212円/7人乗り仕様価格6万4812円)の1セット4アイテム。

【関連記事】社長が「レース嫌い」だから消滅の噂は本当か? 単なるブランド戦略に留まらない「ラリーアート」復活の舞台裏

ラリーアートの専用アクセサリーを装着した三菱アウトランダーの前後スタイリング画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー


新着情報