単なるサーキットじゃない! クルマで全開走行できるリゾート!? 温泉・プール・ジムまである会員制ドライビングクラブが「千葉」に爆誕する (1/2ページ)

単なるサーキットじゃない! クルマで全開走行できるリゾート!? 温泉・プール・ジムまである会員制ドライビングクラブが「千葉」に爆誕する

この記事をまとめると

■会員制ドライビングクラブ「THE MAGARIGAWA CLUB」が2023年春に開業予定

■本格的なドライビングコースに、ダイニング、バーラウンジ、プール、温泉などの多彩な施設が設けられる

■千葉にはその他クルマに関連する様々な施設があり、クルマ好きの聖地となるかもしれない

2023年春に開業予定のアジア初の会員制ドライビングコース

 フェラーリを始め、ロールスロイス、ベントレー、ポルシェ、そしてランボルギーニと、世界の高級車ブランドを一手に取り扱うコーンズグループが、千葉県の南房総市に会員制ドライビングクラブ「THE MAGARIGAWA CLUB(ザ・マガリガワ・クラブ)」を開業することになった。

 話は同グループの代表が南スペインにあるプライベート・サーキット、「アスカリ・レース・リゾート」を訪問したことにあった。世界各国のサーキットにはもちろん、何回も足を運んだことのある同氏ではあったものの、トラックのみならず、レストランや宿泊施設、そして車両の保管を依頼できるガレージなどを併設するこの施設は、まさにクルマを主役としたリゾートのような雰囲気を持つものだった。

 筆者自身も新型車の試乗会で何回かこの地を訪れたことがあるが、一切の広告看板などがないテクニカルなコースは、どれだけラップしても飽きることのない、実に楽しく、またホスピタリティも充実したコースであったことを思い出す。アスカリは最寄りの空港から3時間近くかかる立地だが、「首都圏から約1時間のアクセシビリティ」を求めて熱心に土地を探したという。

 THE MAGARIGAWA CLUBが、このアスカリと共通しているのは、いずれもサーキットやレーシングコースという言葉をコンセプトの中に掲げていないことだ。

 東京から美しい内房の景色を見ながら約1時間のドライブで到着できるTHE MAGARIGAWA CLUBは、100万平方メートルにも及ぶ広大な敷地を確保しつつも、そのうち施設として使用するのはおよそ38万平方メートルのみ。

 自然の美しさをそのまま生かすことで、四季折々のテイストが感じられるドライビングコースや宿泊可能なヴィラであるオーナーズパドック。コアとなるクラブハウス内には、ダイニング、バーラウンジ、プール、温泉といった多彩な施設が設けられている。

【関連記事】生涯1度は巡礼! クルマ好きを魅了する「世界の有名コーナー」たち

THE MAGARIGAWA CLUBの温泉施設画像はこちら

 ちなみにここに愛車を預ける場合のガレージは、約300台分を用意。会員向けにプライベートヴィラとして販売が行われるオーナーズパドックは、もっとも広いタイプは実に500平方メートルを超える広さを持つというから驚きである。

画像ギャラリー


新着情報