北欧仕込みのプレミアムEVがよりリーズナブルに! ボルボ「C40 Recharge」にエントリーモデルを追加

北欧仕込みのプレミアムEVがよりリーズナブルに! ボルボ「C40 Recharge」にエントリーモデルを追加

この記事をまとめると

■ボルボのBEV「C40 Recharge」が一部仕様変更を実施

■グレード名を改めるとともに、前輪駆動モデルが設定された

■ボディカラーの追加なども行われ、よりユーザーの間口が広がった

話題のBEVがリーズナブルに手に入る!

 北欧のプレミアムブランドでお馴染みのボルボ。カーボンニュートラルへ向けて、いち早く全車電動化を果たしているメーカーとして、同社は2030年までに新車販売の100%を電気自動車にすることを目標としているほか、日本においても2025年に新車販売の40%、1万台の電気自動車を販売する計画を発表している。

 そんなボルボが日本市場へ、100%電気自動車となるBEV「C40 Recharge」の導入を昨年発表。抽選にて100台をサブスクリプションキャンペーンにて販売すると発表したところ、限定台数を遥かに上回る、約6倍の応募があったとのことで話題になった。

 そんな「C40 Recharge」に、シングルモーターの前輪駆動モデルを追加することが発表された。また、現行モデルの一部改良も行った。

 前輪駆動のシングルモーターモデル「C40 Recharge Plus Single Motor」は、容量69kWの駆動用リチウムイオンバッテリーによって前輪に設置されたモーターを駆動し、EV走行距離は434km(欧州WLTPモード)を誇るモデルだ。メーカー希望小売価格は599万円となっているのもトピックで、よりお求めやすい価格設定となっている。

 なお、全輪駆動のツインモーターモデルは、モデル名を「C40 Recharge Ultimate Twin Motor」へ変更し、従来標準装備としていたピクセルLEDヘッドライトがオプション装備となった。これにより、メーカー希望小売価格は699万円へ変更となっている。

 また、ツインモーターモデルには、ボルボの車両ではお馴染みとなるオレフォス社製クリスタル・シフトノブが装着される、テイラードウールブレンドシートの内装仕様がオプションとして追加設定されている。

【関連記事】クルマをオンラインで買う時代到来! ボルボが電気自動車C40リチャージのオンライン販売を開始

オレフォスシフトノブ画像はこちら

 さらに、C40 Recharge全車のルーフピラーおよびルーフスポイラーについて、ボディカラーとの同色とし、ボディカラーにオニキスブラックメタリックも設定された。

 駆動方式などに若干の差があるにしろ、気になっていたユーザーが手を出しやすいお手頃モデルが設定された「C40 Recharge」シリーズ。BEVを検討していたユーザーは選択肢に加えていただきたい。

画像ギャラリー


新着情報