単なるスポーツカーとは違う! 簡素ならいいワケじゃない! 「ピュアスポーツカー」って何? (1/2ページ)

noteで書く
単なるスポーツカーとは違う! 簡素ならいいワケじゃない! 「ピュアスポーツカー」って何?

この記事をまとめると

■「ピュアスポーツ」と呼ばれるクルマがある

■ルーツは1920~30年代のイギリス車

■ピュアスポーツカーの条件について解説する

ルーツは1920~30年代のイギリス車

「ピュアスポーツ」と呼ばれるクルマの条件は何なのか。

 ピュアスポーツカーのルーツは1920~30年代のイギリス車といわれている。この頃のスポーツカーは,乗用車のパワートレインを流用し、それを2シーターのショートホイールベースにし、オーバーハングを切り詰め、屋根も取っ払って軽量化し、運動能力を高めたクルマになっていた。

 簡単にいえば、快適性や居住性を犠牲にしてでも、運動性能を特化させたクルマ。それがピュアスポーツカーということになる。

 車種的にいえば、スーパー7やロータスエラン、ロータスエリーゼなどがその代表。国産車でいえば、マツダのロードスターはピュアスポーツカーとして認められている。これらのクルマに共通していることこそが、ピュアスポーツカーの条件になってくる。

【関連記事】究極ダイエットの激レア車!  走り命で思いっきり軽量化した強烈な国産スポーツモデル3選

スーパー7画像はこちら

 第一に軽量であること。理想はずばり1t以下。1200kgクラスだとピュアスポーツとしてはけっこう厳しい。1500kgを越えたらハイパフォーマンスカーではあっても、スポーツカーとは言い難くなってくる!?

 次に重量物が車体中央に集まっていること。ミッドシップ(MR)かフロントミッドシップのFRで、2シーターが有利。

 そして重心が低いこと。ワイドトレッドにすれば、相対的に重心は低くなる。逆にスペース効率のいい、ギアボックスとエンジンが二階建てになっているようなFF用のパワートレーンは重心位置が高くなるので×。FFエンジン流用のミッドシップもこの点ではマイナス。

マツダ・ロードスター画像はこちら

 もちろん前後の重量バランスも重要。50:50が基準だが、同じ50:50でも、ボディの先端・後端が重たいと、Z軸まわりの慣性モーメントが大きくなって、運動性能、操縦性をスポイルするので末端は軽く、オーバーハングは短くしたい。

 あとは駆動伝達効率の高さ。クルマは加速すると慣性の働きでリヤが沈む。タイヤのグリップ力はF=μmgなので、タイヤにかかる荷重の大きさに比例する。つまり駆動伝達効率が高いのはリヤ駆動車ということ。トラクション性能だけでいえば4WDが一番だが、4WDにするとそれだけで100kgぐらい車重が増すのでピュアスポーツカーの精神に反してしまう……。

名前:
藤田竜太
肩書き:
モータリングライター
現在の愛車:
日産スカイラインGT-R(R32)/ユーノス・ロードスター(NA6)
趣味:
-
好きな有名人:
-
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報