【試乗】FRスポーツのBRZをなんと雪道で全開! 「まともに走れるの?」どころか「楽しすぎ」て笑うレベルだった (1/3ページ)

noteで書く
【試乗】FRスポーツのBRZをなんと雪道で全開! 「まともに走れるの?」どころか「楽しすぎ」て笑うレベルだった

この記事をまとめると

■群サイの雪道でFRスポーツ『BRZ』を思いきり試乗

■同乗しアドバイスしてくれるのは全日本ラリードライバーの新井大輝選手

■スバルだからこその雪道走破性

FRで群サイの雪道を走る!

 スバルとトヨタが共同開発した『BRZ/GR86』は、数少ないFRスポーツとして世界的に人気が高く、多くのクルマ愛好家の注目を集めている。今回その『BRZ』に雪道のクローズドコースで試乗するという稀有な機会が得られた。場所は「群馬サイクルスポーツセンター」だ。

 群馬県みなかみ町に位置する群馬サイクルスポーツセンター(通称:群サイ)は、ラリーのスペシャルステージとして活用されることもあり、またスバルはラリー車の開発ステージとしても活用していることでも知られる。本来は自転車用のクローズドサイクリングコースとして誕生しているのだが、現在はクローズドされたワインディングコースとして、4輪の走行会などが盛んに行われていることでも知られる。また、新型車両のテストステージとしても多く活用され、最近もスバルの電気自動車『ソルテラ』による雪道試乗会なども行われたところだ。

【関連記事】【試乗】GR86もBRZもMTもATも全部乗ったぞ! 「速く」「扱いやすく」進化した走りを詳細リポート

雪道の群サイで、FRスポーツ『BRZ』を思いきり試乗画像はこちら

 そんな群サイで、今回はFRスポーツのBRZで思いきり走っていいというのである。試乗に供されたのはBRZのSタイプ、6速マニュアルトランスミッション車とオートマチックトランスミッション車の2種だ。もちろん選択したのは6速マニュアルトランスミッション車のほうだ。

 まずコースインスペクションとして、全日本ラリードライバーの新井大輝選手が助手席に同乗し、雪の郡サイならではの注意点などを案内してくれた。彼はスバルの契約ドライバーとして全日本ラリーを中心に戦っており、また実父が同じくスバルワークスラリードライバーで現在も活躍中の新井敏弘選手であることでも有名だ。

中谷明彦氏(左)と全日本ラリードライバー新井大輝選手(右)画像はこちら

 新井選手はこの群サイのコースを熟知しており、圧雪路におけるポイントを的確にアドバイスしてくれる。陽の当たっている部分ではアスファルトが露出していたり、北側の斜面のところでは深い轍が凍って固くなってステアリングを取られたり、またバンプのあるところではフロア下を擦ってしまったりと、群サイを知り尽くしているからこその多くの有効なアドバイスをしてくれた。

中谷明彦
名前:
中谷明彦
肩書き:
レーシングドライバー/2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
マツダCX-5 AWD
趣味:
海外巡り
好きな有名人:
クリント・イーストウッド、ニキ・ラウダ
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報