クルマ酔い確実の後ろ向き乗り! 謎配置の1シーターに3シーター! 「変わり種シート」のクルマたち (1/2ページ)

クルマ酔い確実の後ろ向き乗り! 謎配置の1シーターに3シーター! 「変わり種シート」のクルマたち

この記事をまとめると

■変わったシートを採用したクルマを紹介

■前に3人乗れたり、後ろ2席は後ろ向きだったりとバリエーション豊かだった

■真ん中にシート置くレイアウトは意外と乗りずらかったりする

シートにも独自性の豊かなモデルが多い

 シートというのは試行錯誤の歴史と言ってもいい。最近は落ち着いた感じではあるが、その昔はユニークなシートが登場しては消えていった。今回はシートという視点でクルマを見てみよう。

 まずユニークというよりも、昔あった形式としてはベンチシートがある。今でもミニバンの2列目ではあるが、かつてはフロントシートにも採用されていた。しかも、ただ左右が繋がっていただけでなく、3人横並びに座ることができたのだ。

【関連記事】この後席は狭すぎる! 一見ファミリー向けなのに家族で使うには厳しいクルマ6選

エディックス車内画像はこちら

 ベンコラという言葉もあったほど。ちなみにベンチシート&コラムシフト(フロアシフトだと邪魔なので)の略だ。現在では幅に対する定員の規格が変わったので3人がけはできないが、今でもワンボックスでは可能。横に3人で並んで座るとなにやら楽しそうな感じがするから不思議だ。

日産車のベンチシート&コラムシフト車画像はこちら

派生型ベンチシート

 ホンダのエディックス、日産のティーダ、輸入車ではフィアットのムルティプラであったのが、3座×2列というタイプ。

エディックス走り画像はこちら

 ベンチシートはソファみたいにひとつのシートだったが、それぞれのシートを独立させていて、移動できたり、畳めたりすることで、2.5列シート的なアレンジを可能にしていた。

ムルティプラ車内画像はこちら

 つまり、限られた幅のなかでなんとか横3人がけを実現しようとさせていたのだ。

後ろ向き3列目

 3列シートのミニバンではなく、ステーションワゴン。イメージとしてはラゲッジに簡易型のシートが付いている感じだが、なんと後ろ向き。ボルボ940やV70であったし、カペラワゴンにもあった。

ボルボ車内画像はこちら

 スペースの問題もあっただろうが、後ろ向きに景色を見続けている違和感はけっこうあって、酔いやすかった。

画像ギャラリー


新着情報