「EVは高い」と言われるが……大げさな「整備工場」がいらなくなるから維持費が「安くなる」ってどういう理屈? (1/2ページ)

noteで書く
「EVは高い」と言われるが……大げさな「整備工場」がいらなくなるから維持費が「安くなる」ってどういう理屈?

この記事をまとめると

■EVの整備代はエンジン車よりも安くなることが期待される

■タイヤの摩耗は早まるかもしれないがブレーキパッドは運転次第では減りを抑えられる

■通信でクルマの状態を管理できれば保守管理がしやすくなり整備費の軽減も期待できる

明確にはいえないがガソリン車よりもEVは整備費が安い

 電気自動車(EV)の整備代はエンジン車に比べ安く上がるはずだ。少なくともオイル交換がない。ブレーキパッドの減りも、回生の使い方次第で大幅に減る。排出ガスの検査も必要ない。一方で、駆動用バッテリーを車載して車両重量が増えるため、タイヤの摩耗はやや早まるかもしれない。

【関連記事】エンジン車よりも「消耗品」が少ない! 乗ってみたら電気自動車は「お財布」にも優しかった

EVの走行シーンのイメージ画像はこちら

 ではいくら安くなるかは、一概にはいえない。

 たとえばブレーキパッドの摩耗について、EVやハイブリッド車(HV)で利用可能な車種のあるアクセルのワンペダル操作について、これをうまく使いこなせる人は、ほとんどブレーキパッドは摩耗しないだろう。

トヨタ・プリウスのシフトレバー画像はこちら

 私が乗る前型プリウスはHVでもシリーズ・パラレル式でワンペダルではないが、市街地ではBレンジで走っている。高速道路でも、たとえばETCゲートへの減速ではDからBへシフトし、回生を使って十分に減速したうえで足りない分をブレーキで調整する運転をしている。こうしていると、定期点検でも、ほとんどブレーキパッドが摩耗していないのを知ることができる。

 一方、ワンペダルはぎくしゃくした走りになって嫌いという人は、加速はアクセル、減速はブレーキというこれまで通りの使い方をするので、ブレーキでの減速中も回生は機能するが、ワンペダルで運転した場合に比べパッドの摩耗は進むかもしれない。そこは車両ごとの制御プログラムの仕方にもよるだろう。

摩耗したブレーキパッドのイメージ画像はこちら

 ワンペダル操作を身に着ければ、通常はブレーキで減速しているときも、回生を働かせることにより車載バッテリーへの充電が進み、次の加速の際にモーターを積極的に利用できるので燃費が向上する。整備代の話からはそれるが、モーター機能があるクルマであるなら、回生をいかに活用するかで経費に差が出ることになる。

名前:
御堀直嗣
肩書き:
フリーランスライター/2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
2009年型トヨタ・プリウス
趣味:
乗馬、読書
好きな有名人:
池波正太郎、山本周五郎、柳家小三治
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報