バッテリー容量増加でEV走行後続可能距離も57kmに! フォルクスワーゲン・パサートにPHEVの「パサートGTEヴァリアント」を追加 (1/2ページ)

noteで書く
バッテリー容量増加でEV走行後続可能距離も57kmに! フォルクスワーゲン・パサートにPHEVの「パサートGTEヴァリアント」を追加

この記事をまとめると

■フォルクスワーゲンパサートにプラグインハイブリッドの「GTE」を設定

■バッテリー容量を13.0kWhに増強しEV後続可能距離も57km(WLTPモード)に増加

■2022年内の供給量は約50台になる見込みで以降の受注分の納車は2023年以降を予定

マイナーチェンジしたパサート・ヴァリアントにPHEV追加

 派手さや華美な装飾はなくともユーティリティを追求し、クラスの基準車といえるモデルをリリースするフォルクスワーゲン。まさに世界で愛される世界の国民車といえるブランドだ。そんなフォルクスワーゲンのDセグメントモデルとしてリリースされているのがパサートだ。

 そしてこの度、パサートにプラグインハイブリッドモデルが追加された。今回追加となったのは「パサートGTEヴァリアント」で、直4とモーターを組み合わせた力強い走りと省燃費を両立したモデルとなっている。

【関連記事】「シューティングブレーク」「エステート」「ヴァリアント」etc……「ワゴン」の呼び名じゃダメな理由は「カッコ悪さ」が根底にあった!

フォルクスワーゲン・パサートGTEヴァリアントの充電イメージ画像はこちら

 プラグインハイブリッドとなったパサートGTEヴァリアントの最大の特徴は、先代モデルに比べて容量を約30%増強したバッテリーだろう。9.9kWhから13.0kWhとなることで、EV航続可能距離が57km(WLTPモード)となり、ちょっとした普段使いにおいてはCO2を輩出しないEV走行のみで対応できるようになっている。

フォルクスワーゲン・パサートGTEヴァリアントのエネルギーフローのイメージ画像はこちら

 ドライブトレインは115kW(156馬力)の1.4リッター直4のTSIガソリンエンジンと85kW(116馬力)の電気モーターの組み合わせ。

フォルクスワーゲン・パサートGTEヴァリアントのエンジン画像はこちら

 走行モードは、モーターのみで走行する「EVモード」以外にも、モーターとエンジンを効率よく使って走行する「ハイブリッドモード」、モーターとエンジンの両方を使って力強く走行する「GTEモード」が用意される。「ハイブリッドモード」では、走行中に回生エネルギーからバッテリーを充電することも可能だ。

noteで書く

画像ギャラリー


新着情報