単色もあったのに「ツートーン」しか思い出せない! 2色ボディが脳裏に焼き付いているクルマ3台 (1/2ページ)

noteで書く
単色もあったのに「ツートーン」しか思い出せない! 2色ボディが脳裏に焼き付いているクルマ3台

この記事をまとめると

■ツートーンが印象的だったクルマを紹介

■純正色がド派手すぎてそのままドラマにも使用された

■レース中に自車をわかりやすくするために塗り分けを導入した例もある

ツートーンが映えまくったクルマを振り返る

 最近では一般的となってきたツートーンカラーのボディ色。今では軽自動車やコンパクトカーといった車種にも採用されているが、過去には高級車に採用されることが多いボディカラーであり、クラウンやセドリック/グロリアと言ったハイオーナーカーに採用されるケースが多かった。

【関連記事】じつは塗料は基本同じ! 高級車のボディカラーが色褪せない理由とは

クラウン画像はこちら

 そんなツートーンカラーに憧れを持ったことがある人も多いと思うが、今回はツートーンカラーが印象的だったモデルをピックアップしてご紹介しよう。

トヨタ・カローラレビン/スプリンタートレノ(AE86型)

 ツートーンカラーの人気車種といえば外すことができないのが、AE86型のカローラレビン&スプリンタートレノであることは異論ないところだろう。

AE86トレノ画像はこちら

 特に頭文字Dの主人公、藤原拓海の愛車として知られる通称”パンダトレノ”は「ハイテックツートーン」と名付けられた純正色で、このほか赤と黒の「ハイフラッシュツートーン」や、黒と銀の「ハイソニックトーニング」というツートーンカラーが用意されていた。

AE86レビン走り画像はこちら

 ちなみにこのツートーンカラーは最上級の「GT-APEX」に標準設定されたもので、のちに一部の他グレードでもオプション選択が可能になったというものだ。

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報