商用車には嬉しい使い勝手と燃費が向上! スズキ「キャリイ」「エブリイ」「エブリイワゴン」が仕様変更を実施 (1/2ページ)

noteで書く
商用車には嬉しい使い勝手と燃費が向上! スズキ「キャリイ」「エブリイ」「エブリイワゴン」が仕様変更を実施

この記事をまとめると

◼︎スズキの商用車「エブリイ」「キャリイ」シリーズが一部改良を実施

◼︎トランスミッションの変更や装備の変更によって使い勝手が向上している

◼︎車いす移動車のみ販売日が異なるので注意

さらに人に寄り添う嬉しい仕様変更

 軽自動車の中でも経済性を最優先した商用車は、じつは人気ジャンルだ。その軽商用車の中でも人気が高いモデルが、スズキの販売する軽トラック「キャリイ」と、運送業に最適なバンタイプのボディを持つ「エブリイ」と「エブリイワゴン」だ。

 そんな3台がこの度、一部仕様変更を実施したとのことでその詳細を見ていこう。

 まずは農作業や軽作業するユーザーなどに人気が高い軽トラックの「キャリイ」。今回の一部仕様変更によって、これまでの3AT車を4AT車に変更し、燃費を向上させた。ただし、一部の特殊モデルは対象外とのこと。

【関連記事】バンってどんな車? ワゴンとの違いや人気車種など解説

キャリイ全体画像はこちら

また、「キャリイ」は、4AT車に停車時アイドリングストップシステムを採用したほか、KX、特別仕様車 KCスペシャル、スーパーキャリイ XにLEDヘッドランプ(マニュアルレベリング機構付)をメーカーオプションとして設定たところもポイントだ。これにより、使い勝手が広がったと言えそうだ。

「キャリイ特装車」は、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を装備。また、ダンプシリーズ、垂直式ゲートリフターにはパワーウインドウ、電波式キーレスエントリー、パワードアロックを追加するなど、装備がより充実しているとのこと。ただし、特装車の4ATにはアイドリングストップは装備されないのでそこは注意して頂きたい。

noteで書く

画像ギャラリー


新着情報