「XYVYX」「ISIS」「AIRS」! 全部読めたらクルマオタ確実なキラキラ系「難読車名」6台 (1/2ページ)

「XYVYX」「ISIS」「AIRS」! 全部読めたらクルマオタ確実なキラキラ系「難読車名」6台

この記事をまとめると

■国産車にあった難読すぎてキラキラネームのようになっている車名をピックアップ

■セールスの都合などで送り仮名などをカットしている場合もある

■日本語の訛りがそのまま車名になったモデルもあった

難解すぎて並のクルマ好きでも読み方がわからないモデルも

 車名やグレードなどはそのクルマの個性を表すものだけに、各メーカーとも工夫を凝らしているもの。素直に読めることは大切な気もするのだが、なかには難解なものがあったりする。狙っているところもあるとしてもパッと見で読めないのはいかがなものか。今回はそんな自動車界のキラキラネームを紹介しよう。こうやって注目している時点で、策にはまった気もするが……。

三菱 ミラージュ XYVYX

 難解のなかで一番お馴染みで、1987年に登場した三菱の3代目ミラージュにあったグレード。読みはザイビクスだ。こちらグレード名がユニークなだけでなく、後席部分を荷室にして、2シーター化しつつ、ウインドウは潰されているなど、スタイルも変わっていた。

【関連記事】【これぞ名車の証】車名ではなく「型式」で愛されたクルマたち

ミラージュ ZYVXX画像はこちら

 つまり、カーゴハッチ的なクルマかと思いきや、なんとルーフを交換すると天井に映像が出るシアタールーフも用意されていた。今ならキャンプなどで人気になるかもしれない。ほかにもスイフトという、他車かぶりなグレードもあった(正確にはこちらが先)。

トヨタ・ノア&ヴォクシー 煌シリーズ

 ノアとヴォクシーの特別仕様車やグレード名として大量に使われているのが「煌」だ。今では覚えてしまっているから読めるものの、初見では無理だろう。そもそも「きらめき」と読む場合は、「煌(め)き」と送り仮名が必要になる。

ヴォクシー煌画像はこちら

トヨタ ISIS

 イスイスとしか読めないが、正解はもちろんアイシス。某テロリスト集団と表記が同じになってしまったのは胸中複雑で、ニュースでも当初はISISと表記されていたのが後に配慮したのか、しばらくすると使われなくなった。

ISIS画像はこちら

 ちなみにアイシスの由来は、エジプトの豊穣の神イシスに由来していて、乗る人が豊かになるという思いが込められている。

画像ギャラリー


新着情報