発売前のフェアレディZが2台参戦! 富士24hで登場した「Nissan Z Racing Concept」の中身 (1/2ページ)

発売前のフェアレディZが2台参戦! 富士24hで登場した「Nissan Z Racing Concept」の中身

この記事をまとめると

■スーパー耐久シリーズの第2戦として「NAPAC富士SUPER TEC24時間レース」が開催

■2台のNissan Z Racing Conceptがデビューを果たした

■参戦の理由やマシンの仕様について解説する

「エンジン音にエキサイトするファンにも楽しんでもらいたい」

 スーパー耐久シリーズの第2戦として6月3日〜5日、富士スピードウェイを舞台に開催された「NAPAC富士SUPER TEC24時間レース」。今年で5回目の開催を数える長距離レースに日産のニューマシン「Nissan Z Racing Concept」が登場した。

 富士24時間レースに参戦したNissan Z Racing ConceptはNISMOのワークスチームが投入した230号車とカスタマーチーム、Max Racingが投入した244号車の2台で、230号車には平手晃平/松田次生/ロニー・クインタレッリ/佐々木大樹/星野一樹、244号車は田中哲也/田中 徹/三宅淳嗣/高星明誠/安田裕信とドライバーのラインアップも豪華な顔ぶれ。2台のNissan Z Racing Conceptが参戦したのはSTOが認めた開発車両を対象にしたST-Qクラスで、230号車はドイツのP1パフォーマンスフューエル製のCNF(カーボンニュートラル燃料)、244号車が一般的なガソリンが使用された。

【関連記事】新型フェアレディZの型式は「Z34」のまま! フルモデルチェンジでも型式が変わらない「謎」に隠れた「日産の良心」

「Nissan Z Racing Concept」2台とチーム画像はこちら

 同マシンは5月10日に開催されたスーパー耐久公式テストでも精力的に走行を重ねていたが、正式に公開されたのは本大会のスタート前の記者会見で、日産自動車株式会社のCOO、アシュワニ・グプタ氏と日産モータースポーツ&カスタマイズ株式会社のCEO、片桐隆夫氏が出席し、同大会へ参戦した理由と同マシンを説明した。

アシュワニ・グプタ氏と片桐隆夫氏画像はこちら

 まず、富士24時間レースに参戦した理由についてグプタ氏は「レースは日産のDNAであり、レースの経験をロードカーに生かし、ファンを喜ばせるために取り組んでいますが、同時に2050年に向けてカーボンニュートラルに取り組んでいます。日産は日経メーカーとして初めて、そして唯一フォーミュラE世界選手権に参戦したメーカーで、風を切る静かなスピード感を求めるファンに楽しんでもらっていますが、エンジン音にエキサイトするファンにも楽しんでもらいたい。そのために、新型Zを持ってきました。この過酷な24時間レースでCNFに対応した競争力の高いエンジンを開発したい」と説明。

244号車の走り(サイド)画像はこちら

 一方、気になるマシンについて片桐氏は「開発車両でいろいろなことを試している状態。開発プロセスの一環としてタフな24時間レースに出場させて頂きました。左ハンドルの北米仕様がベースになっていますが、市販のZにレースに必要なチューニングを施しています」とのことでさまざまな改良が行われていた。

画像ギャラリー


新着情報