「事故」でも「いたずら」でもダメ! 極度に汚れたり曲がったりしたナンバープレートのクルマで公道を走るのは50万円の罰金の可能性 (2/2ページ)

ナンバープレートの再交付は決して難しくない

 さらに注意したいのは、クルマをぶつけたり、いたずらをされてナンバーを曲げてしまったり、文字が褪色して見えなくなったり、汚れがついて判読できないままの状態で公道を走っていると、もっと大きなペナルティを受ける可能性が!

・傷がついて番号票の判読が困難な状態(折れや曲がりも含む)→50万円以下の罰金(道路運送車両法 第百九条)

 これには意図的ではなく、事故等の損傷による折れ曲がりも違反の対象になるケースがあるので要注意。したがって、ナンバープレートが、き損・汚損等した場合、直ちに新しいものに交換をしてもらおう。

【関連記事】気のせい……じゃない! 軽自動車のナンバーが中央じゃなく横にズレているワケ

破損したナンバープレートのイメージ画像はこちら

 ナンバープレートの再交付は、決して難しくはない。運輸支局か自動車検査登録事務所に行き、窓口にある「自動車登録(車両)番号標再交付・交換申請書」に必要事項を記入し、車検証の原本とともに提出し、申請をするだけ。

 ナンバープレート代(交付手数料)は、標準的なペイント式のナンバープレートで、1枚1000円未満だ(都道府県によって若干異なる)。納期はおよそ一週間。

 ボロボロになっていたとしても、手元に数字等が判別できるナンバープレートが残ってさえいれば、今まで使っていたのと同じ番号・記号のナンバープレートを新調してもらえるので、不可抗力であったとしても、ナンバーも曲げたり変形させてしまった場合は、早めに新しいナンバーに交換しよう。

名前:
藤田竜太
肩書き:
モータリングライター
現在の愛車:
日産スカイラインGT-R(R32)/ユーノス・ロードスター(NA6)
趣味:
-
好きな有名人:
-

画像ギャラリー


新着情報