人気のFRスポーツ「トヨタ86/GR86」! 詳細と進化の歴史を解説 (2/2ページ)

9年にわたって改良・進化を続けた初代86

ぜひとも装着したいオプションパーツ

 スポーツカーであるGR86には、その存在感をより強調するエアロパーツを装着したくなります。エアロパーツでおすすめしたいのが「GR PARTS」。フロントスポイラーをはじめ、GR86が備えている「大人が似合うスポーツカー」の雰囲気を壊すことなく上品に外観を仕立ててくれます。

【関連記事】サポカーって高齢者向けの穏やかなクルマじゃないの? 調べたらバリバリのスポーツカーだらけで驚いた!

GR PARTSを装着したGR86のフロントスタイリング画像はこちら

 フロント、リヤ、サイドを引き立てるパーツが用意されており、すべてが揃う「空力パッケージ」は36万1900円(未塗装)となりますが、ぜひとも装着したいオプションです。

なさそうであるBRZとの細かい違い

 同じメカニズムを備えるGR86とBRZとの違いを見ていきましょう。

 大きな違いを設けているのがドライバリティ。日常的な使い勝手を重視したスポーツカーに仕立てたBRZと、「GR」の冠が付くようにスポーツカーらしさを強調したGR86でチューニングが異なっています。

スバルBRZとGR86の走行シーン画像はこちら

 具体的な違いはスロットルバルブの制御で、BRZはエンジンの回転数を元に使い分けていることに対し、GR86は回転数に加えアクセル開度も判断。アクセル操作に合わせ全回転域で鋭いトルクを得るよう制御されます。

 その他、外観やグレードなどの違いはどうでしょう。

 外観上での違いはフロントマスク。GR86は「GR」ブランドの共通テーマ“ファンクショナルマトリックスグリル”を採用。一方、BRZはスバルの共通テーマとなる“ヘキサゴングリル”をモチーフとしたデザインを取り入れました。

GR86のフロントグリルのアップ画像はこちら

 また、ヘッドランプのデイタイムライトもGR86はL字型、BRZはコの字型としているところも両車の違いです。

GR86のヘッドライトのアップ画像はこちら

 デザイン以外の違いを見ていくと、16インチスチールホイールを設定しているところやモータースポーツ用簡易装備グレード「RC」を用意したのがGR86のみ。BRZは「R」と「S」の2グレードとなっています。

 また、GR86にはブライトブルー、BRZにはWRブルーとそれぞれの専用ボディカラーを設定しているのも違いとなります。

ブライトブルーのGR86のフロントスタイリング画像はこちら

スポーツカー好きの心を鷲掴みにした初代86とは

 スポーツカー好き、クルマ好きにとって特別な意味を持つ“ハチロク”の名を提げて2012年にデビューした初代86。トヨタとスバルがスポーツカーを共同開発したことも含め、デビュー当時、メディアは86の話題でヒートアップしました。

初代86の走行シーン画像はこちら

「低重心でヨー慣性モーメントが小さいこと」を重視したパッケージングを得るために、最高出力200馬力を発揮するスバルの水平対向エンジンを搭載。AE86同様、FRとしたことでスポーツカー好きの心を掴んでいます。

 パワーユニットは、スバル製FB20型2リッター水平対向4気筒エンジンをベースに、筒内直噴とポート噴射を併用するトヨタのD-4Sを投入したFA20型を採用。共同開発のメリットを大いに活かしていました。

初代86のエンジン""画像はこちら

 ただ、スポーツカーらしさを追求しただけでなく、使いやすさも兼ね備えていたことも初代の特徴です。低い着座位置はスポーツカーのそれですが、収納スペースを十分に備え、ラゲッジスペースも日常使いで活用できる広さを実現しています。

初代86のシート画像はこちら

 そのラゲッジスペースですが、クルマの特性からサーキット走行を考慮してタイヤ4本が積むことができるスペースを確保していました。

 初代はデビュー後、さまざまな改良が加えられていったことで走行性能や操縦安定性が向上。「GRMN」などのコンプリートカーや特別仕様車などが追加されていき、2016年にはマイナーチェンジを実施。

初代86 GRMNの走行シーン画像はこちら

 2020年に特別仕様車「GT”BLACK LIMITED”」の発表後、2021年10月に販売を終了しました。

初代86の中古車ならリーズナブルに購入できる?

 すでに2代目となるGR86が販売されていますが、スポーツ走行をお手軽に楽しみたい方にとって気になるのが初代の中古車相場。

 価格相場を調べてみると、初代86の中古車相場は65〜750万円。モデルチェンジされたことで入手しやすいかと思いきや、価格が安い車両は走行距離が15〜20万kmを超える過走行のものばかり。安心して走りを楽しめそうな車両で100万円以下のものは見つかりません。

初代86のフロントスタイリング画像はこちら

 いまや貴重ともいえるスポーツカーだけに、程度が良く価格がリーズナブルな車両を探すためには、根気よく時間をかける必要があるでしょう。

GR86おすすめのグレードとは

 先ほどお伝えしたようにGR86には3つのグレードが用意されています。ただし、パワーユニットはどのグレードも同じとなり、自分が必要とする装備の有無が選択のポイントとなります。

 購入後、自分好みにカスタムするのであれば、値段のわりに装備が充実している「RC」に魅力を感じますが、トランスミッションが6速MTのみとなってしまうのがネック……。

GR86のマニュアルシフトノブ画像はこちら

「SZ」と「RZ」の価格差は約30万円で、シート表皮や8スピーカーなどの高級感を増す装備とともに、タイヤとホイールを18インチに拡大してグリップ性能が増すなど走行性能に寄与する違いも発生するなど、価格差なりの差別化が図られています。

GR86の18インチホイール画像はこちら

 一番大きな違いが、後側方警戒支援システムの有無。「SZ」のAT仕様にはアイサイトコアテクノロジーが備わっていますが、安全面を高めたいのであれば、価格差こそあるものの「RZ」を選ぶべきでしょう。

画像ギャラリー


新着情報