バックトゥザフューチャーで一躍有名になったデロリアンがついに新車を公開! 4シーターだけどガルウイングの電気自動車アルファ5とは (1/2ページ)

バックトゥザフューチャーで一躍有名になったデロリアンがついに新車を公開! 4シーターだけどガルウイングの電気自動車アルファ5とは

この記事をまとめると

■復活を果たしたデロリアン・モーター・カンパニーから40年ぶりに新車が発売される

■新型として公開されたデロリアン・アルファ5はDMC-12とは異なるコンセプトのモデル

■アルファ5は前後席兼用ガルウイングを持つ4シーターのBEV

新生DMCによる40年ぶりのデロリアン

 あの「デロリアン」のブランドを掲げたモデルが、もうすぐ我々の前で披露される。かつて1975年から1982年までアメリカに存在したデロリアン・モーター・カンパニー(DMC)は、当時GMの副社長であったジョン・デロリアン氏によって、彼の理想とするクルマを生産するべくデトロイトに設立された自動車メーカー。

 生産工場をイギリスの北アイルランドに置くなど、その会社としての成り立ちにはGM時代の経験が多く生かされていたが、最終的にはジョン・デロリアンが会社の資金を私的に流用したことや、コカインの所持で逮捕されるというスキャンダルが発生したことにより、資金調達は困難になり、1982年にわずか7年間ほどの歴史を残したのみでDMCは破産した。

 そのDMCが唯一生産したモデルが、後に映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の劇用車としても使用されることになる「DMC-12」だった。最初のプロトタイプから、このDMC-12が完成するまでには5年ほどの時間が投じられており、その生産型が発表されたのは1981年と、すでにデロリアンが破産を申告する直前というタイミングでもあった。

【関連記事】EVで新車が登場するデロリアン! わずか1年しか販売されなかったご先祖「デロリアンDMC-12」ってどんなクルマ?

デロリアンDMC-12のサイドビュー画像はこちら

 しかしながら、イタルデザインのジウジアーロによる前衛的なデザインや、プジョー、ルノー、ボルボによって共同開発された2.8リッターのV型6気筒エンジンを搭載したことなど(メカニズム面での設計はロータス・カーズがそれを担当していた)、ヨーロッパ仕様では150馬力、アメリカ仕様でも130馬力に過ぎなかったスペックでも、市場での前評判はそれなりに高く、デビュー初年度から販売台数は6500台ほどを記録。1982年の12月までにトータルで約9000台のDMC-12が販売されている。

 そのDMC-12の生産中止から40年。長らくそのブランドを持ち続けていた新たなオーナーによって再生されたデロリアン・モーター・カンパニーが、2022年5月30日に、かねてから噂のあったニューモデルの発表を行った。

デロリアン・アルファ5のフロントスタイリング画像はこちら

 実車は8月に開催されるペブルビーチ・コンクール・デレガンスで披露される予定だが、それに先立って公開された数点のオフィシャルフォトからは、「アルファ5」と呼ばれるニューモデルは、かつてのDMC-12とはまったく異なるコンセプトを持つモデルであることが想像できる。

名前:
山崎元裕
肩書き:
AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員 /WCOTY(世界カーオブザイヤー)選考委員/ボッシュ・CDR(クラッシュ・データー・リトリーバル)
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ポロ
趣味:
突然思いついて出かける「乗り鉄」
好きな有名人:
蛯原友里

画像ギャラリー


新着情報