「カッコよくしてやる」初代オデッセイ開発者の意地が炸裂! ホンダのミニバンが「3列目席の床下収納」を続けるワケ (1/2ページ)

「カッコよくしてやる」初代オデッセイ開発者の意地が炸裂! ホンダのミニバンが「3列目席の床下収納」を続けるワケ

この記事をまとめると

■ホンダはミニバンの3列目シートに床下格納式を採用している

■「カッコよくできない」というデザイナーに対して「シートを隠す」と約束して実現

■床下格納式3列目シートでスッキリとした室内空間と大容量ワゴン化を実現している

ホンダがミニバンでこだわる床下格納式3列目シート

 2022年5月に発売された6代目となる新型ステップワゴン。わくわくゲートの廃止や2列目キャプテンシートの中寄せ&ロングスライド機構、オットマン、パワーテールゲートの装備、徹底した静粛性対策など、ハイライトは数多いのだが、ライバルのノア&ヴォクシーやセレナとの大きな違いのひとつが、3列目席の格納方式。

【関連記事】新型ステップワゴンは先代の秘密兵器「わくわくゲート」が廃止! ものすごーく便利なのに「不評」だった理由とは

ホンダ・ステップワゴンの3列目シート画像はこちら

 ライバルが依然として左右跳ね上げ式なのに対して、ホンダは床下格納式を貫いている(フリードを除く)。左右跳ね上げ式にはラゲッジスペースの床下に収納が設けられるメリットがあり、しかし床下収納式は3列目席格納時のスッキリとした拡大ラゲッジスペースの確保にメリットがある。

ホンダ・ステップワゴンのラゲッジルーム画像はこちら

 では、ホンダのミニバンはどうして3列目席床下収納にこだわるのか? その秘密は、初代ステップワゴンが登場した1996年から遡ること2年。ホンダクリエイティブムーバー第一弾として1994年にデビューし、一世を風靡した初代オデッセイに隠されている。

初代ホンダ・オデッセイのフロントスタイリング画像はこちら

 初代オデッセイの開発において、デザイナーは「こんなシートだらけのクルマ、カッコよくなんかできるか」と発言したそうだ。たしかに車内はシートだらけ。しかし、開発責任者のひとことで、それは解決されることになる。「だったらシートを隠してやるよ」と。

初代ホンダ・オデッセイの3列シートのインテリア画像はこちら

 当時のワンボックスカー(ミニバンもそう呼んでいた)の3列目席は跳ね上げ式の収納が当たり前。それでは、3列目席を使わないシーンでも、車内の3列目席の存在が目立ってしまう。格納操作は重く、斜め後ろの視界だって犠牲になる。

 ならば、「3列目席を目立たないように格納するには床下にしまうしかない」となる。ところが、開発時点のシャシーの3列目席をしまう場所には太いフレームが貫通していたのだ。そこで開発責任者は「シートを収納したいから、フレームを曲げてくれないか」と開発チームにお願いしたそうだ。

初代ホンダ・オデッセイのシートバリエーション画像はこちら

 フレームは後面衝突性能をクリアするために強く作らなければならない。そこをシートの収納のために曲げるという発想は前例がなく、設計の全面やり直しを意味していたという。当然、当初は開発チームとしては却下。が、それを一晩かけて説得してくれた人物(LPL代行)がいたそうだ。

 こうして、初代オデッセイの特徴だった、背もたれを前に倒して、座面ごと後ろに回転させ、ひっくり返すだけで、真っ平なラゲッジスペースに早変わりさせられる、その後のステップワゴンにも引き継がれる3列目席の床下格納方式が誕生したのであった。

5代目ホンダ・オデッセイの3列目シート格納シーン画像はこちら

※画像は5代目オデッセイ

 筆者も2代目オデッセイV6アブソルートに10年間乗っていたが、家族の増減、大型犬を家族に迎え入れたタイミングなどで、3列目席の格納方法、そして大容量ワゴンに変身させられるシートアレンジ性に大いに満足していたのである。

画像ギャラリー


新着情報