ダイハツの愛が生んだ20年の継続! コペンもすっかり歴史的車種の1台になった (1/2ページ)

ダイハツの愛が生んだ20年の継続! コペンもすっかり歴史的車種の1台になった

この記事をまとめると

■今年でコペンは誕生20周年を迎えた

■現行モデルで2代目となっている

■1000台用意した限定車は数日で完売する人気っぷり

唯一となった軽オープンカーの歴史を振り返る

 2002年6月19日に初代モデルが発売されたコペンは、先日めでたく20周年を迎えた。

 現在販売されているのは2世代目のコペンということになるわけだが、今回はそんな2世代20年に渡るコペンの歴史を振り返ってみたい。

【関連記事】レーシングドライバーが選ぶ! MTで楽しめる歴代軽自動車ランキングTOP5

コペン20周年モデル画像はこちら

 コペンの基となったコンセプトモデルは、市販車が登場する3年前の1999年に開催された東京モーターショーに登場した。

 その時から車名は「コペン」であり、エクステリアのデザインも市販版とほぼ同一となっていたが、車名の綴りが市販版の“COPEN”ではなく、“KOPEN”となっていた。これは軽(K)のオープン(OPEN)が由来となっていたが、市販版ではコンパクトカー(Compact Car)のオープン(OPEN)でCOPENとなっており、いま考えると軽自動車の枠を超えることを当初から考えていたということだったのかもしれない。

コペンコンセプトカー画像はこちら

 それ以外の違いとしては、コンセプトモデルは四輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションと四輪ディスクブレーキを採用しているとしていたが、市販版は一般的な軽自動車と同じフロントストラット、リヤトーションビームのリヤドラムブレーキとなっている。

 デビューからおよそ1年後の2003年7月からは早くも海外への正規輸出がスタート。当初は日本仕様と同じ右ハンドルの660ccターボという仕様だったが、2005年10月からは1.3リッターのNAエンジンを搭載した左ハンドル仕様を設定し、2007年からは右ハンドル圏に向けて同じく1.3リッターのNAエンジンを搭載した右ハンドル仕様もリリースしている。

初代コペン画像はこちら

※画像は国内版の通常のコペン

 なお、左ハンドル仕様は基本的に右ハンドル仕様の鏡像となっていたが、エアコンのダイヤル配置や灰皿とシガーソケットの位置関係などは右ハンドル仕様のままとなっていた。

 2005年の東京モーターショーには輸出仕様のコペンの発展形とも言えるコンセプトカー「コペンZZ」が登場。これはエンジンを1.5リッターNAへと拡大し、ボディサイズも軽自動車枠を超えたワイドかつ伸びやかなものとしており、輸出を見越した左ハンドル仕様となっていたが、残念ながら市販されることはなかった。

画像ギャラリー


新着情報