なんと年間32万件! 高速道路の落下物にぶつかっても「落とし主」の100%過失とは限らなかった (1/2ページ)

なんと年間32万件! 高速道路の落下物にぶつかっても「落とし主」の100%過失とは限らなかった

この記事をまとめると

■高速道路各社が2020年に処理した落下物の件数は全国で32万件

■落下物とぶつかってクルマが壊れた場合、落とし主や道路管理者は責任を取るべきなのか?

■対処法や被害に遭わないためのポイントについても解説する

2020年に処理した落下物の件数は全国で32万件

 高速道路各社が2020年に処理した落下物の件数は、全国で32万件。

 その内訳を見ると、上位3位は次のとおり。

1位:プラスチック・ビニール・布類(毛布/シートなど)

2位:自動車部品類(タイヤや自動車附属品など)

3位:木材類(角材やベニヤ板など)

 さらにロードキルだけでも5.3万件も処理している……。

 高速道路を走行中に、これらの落下物とぶつかって、クルマが壊れたりした場合、その責任は誰にあるのか?

 公益社団法人日弁連交通事故相談センターが発行している民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準(通称「赤い本」)によると、高速道路でのこうした事故では、物を落下させた車両(加害者)の過失割合が60%、衝突した車両(被害者)の過失割合が40%とその目安が記されている。

【関連記事】【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

高速道路のイメージ01画像はこちら

 これは通常の注意をしていれば、落下物を発見して避けられた場合が前提の目安で、落下物の発見・回避の容易さ・困難さによっても上下する。

 たとえば、前走車の積載方法に手落ちがあり、目前で積み荷が落ちて、回避ができずに衝突したといった場合は、加害者に100%の過失があると認められた例もある。

 しかしながら、多くの場合、道路にものを落とした加害者は特定できないのが現実……。

 ドライブレコーダーなどで、リアルにモノが落ちる瞬間などを記録していない限り、責任は問えないと思っていい。

 それならば、道路管理者=高速道路会社の責任は?

名前:
藤田竜太
肩書き:
モータリングライター
現在の愛車:
日産スカイラインGT-R(R32)/ユーノス・ロードスター(NA6)
趣味:
-
好きな有名人:
-

画像ギャラリー


新着情報