コロナ禍でも賑わうバンコクモーターショー! 若者が熱視線を送る中国メーカーの勢いが凄い (1/2ページ)

コロナ禍でも賑わうバンコクモーターショー! 若者が熱視線を送る中国メーカーの勢いが凄い

この記事をまとめると

■バンコク国際モーターショーが開催、コロナ禍の前回・前々回よりも来場者が増えていた

■トヨタやホンダ、日産など日系ブランドブースは相変わらずの賑わいを見せていた

■日経メーカー以上に若い客層で賑わっていたのが中国系メーカーのブースだった

コロナ禍を乗り越えてバンコク国際モーターショー開催

 各出展社のプレスカンファレンスが行われたプレスデーでも、その存在感を見せた中国メーカー。今回はGWM(長城汽車)とMG(上海汽車)ブランドがバンコクモーターショー会場でブースを構えていた。

【関連記事】外国人が羨ましい! 日本で売ってない国産メーカーの激熱クルマ5選

バンコク国際モータショーのGWMブース画像はこちら

 プレスデー翌日から一般公開がスタート。筆者は一般公開日初日の様子を見にショー会場へ向かった。やはり初日に会場へ出かけたという地元の事情通に聞くと「コロナ禍となった2020年や2021年開催の時に比べれば会場を訪れる人は多い印象を受けた」とのこと。

 筆者はちょうど会場が開く午後12時ごろに到着し、そのまま展示ブース内に入場した。会場に入ると、どのブースも多くの人でにぎわっており、タイでもトップシェアとなるトヨタやホンダ、日産など日系ブランドブースは相変わらずの賑わいを見せていたのだが……。

バンコク国際モーターショーの日産ブース画像はこちら

 今回の各ブランドブースの配置では、トヨタを挟む形で両脇にGWMとMGとなる、何か意味深なレイアウトとなっている。タイでの現地生産及び販売はMGのほうが早く、GWMがタイ市場に参入したのは2021年となり、まだまだ新参者といってもいいのだが、「はるか昔からタイで展開しています」といったような雰囲気で目立つブースを構えていた。

名前:
小林敦志
肩書き:
-
現在の愛車:
2019年式トヨタ・カローラ セダン S
趣味:
乗りバス(路線バスに乗って小旅行すること)
好きな有名人:
渡 哲也(団長)、石原裕次郎(課長) ※故人となりますがいまも大ファンです(西部警察の聖地巡りもひとりで楽しんでおります)

画像ギャラリー


新着情報