ロードスター愛がヤバすぎる! 軽井沢ミーティングに参加した「濃すぎるオーナー」と「注目車」を一挙紹介 (1/2ページ)

ロードスター愛がヤバすぎる! 軽井沢ミーティングに参加した「濃すぎるオーナー」と「注目車」を一挙紹介

この記事をまとめると

■ロードスター軽井沢ミーティングの様子を紹介

■会場内の気になるクルマをピックアップ

■3名のオーナーにも直撃取材を敢行した

クルマオタクが気になったクルマを勝手にチェック!

 5月29日に開催された「ロードスター軽井沢ミーティング」、もう3カ月も前の話になってしまいましたが、前回の記事では、ロードスターの魅力やイベントの楽しさをリポートをさせて頂きました。

https://www.webcartop.jp/2022/06/914499/

 で、前回のリポートの最後に「後編に続く」なんて書きましたが、それが今回の記事になります。読者の皆さまと取材にご協力頂いたオーナー様、ごめんなさい。大変お待たせ致しました……!

 そういったわけで今回は、参加台数全1172台の中から独断と偏見で勝手に選んだ気になるロードスターのチェックと、ロードスターが好きすぎる「濃すぎるオーナー」3名の方に直撃取材してみました。

 この記事を読んでくれた方の中に、僕が目をつけた場所を見て「わかる!」と思ってしまったら貴方は立派なクルマオタクです。おめでとうございます。

 では、早速気になるロードスターたちを見ていきましょう。

 まずはこちらのNAロードスターですが、”いかにも走ってそう”な雰囲気満点な1台です。取材を始めてすぐ目に飛び込んできました。しっかりロールケージも組まれているほか、ボンネットも軽量な物へ交換されており、空力なんかも効きそうなエアロで武装しています。フォグランプをつけることも兼ねているであろう大きなダクトも最高ですね。純正+αくらいのまとめ方が最高に刺さります。

【関連記事】右も左もロードスターだらけ! 揃いも揃ったり1000台以上が集まる巨大ミーティングに潜入した

ロードスター軽井沢ミーティングオーナーリポート画像はこちら

 で、このクルマを語る上で個人的に欠かせないものがもうひとつあります。はい、ホイールです。この車両に装着されているホイールは、1990年代から2000年代初頭のチューニングシーンで大人気だった、ロシア製鍛造ホイール「ディスモンド・リーガマスターEVO」が入っているところです。

ロードスター軽井沢ミーティングオーナーリポート画像はこちら

 マニアックすぎる話で申し訳ないのですが、こちらのホイール、デザインは日本で行われており、素材となっているアルミ素材やプレス機といった製造関係にロシアの物を使っています。そのプレス機は、元々軍需産業で使われてた物を流用しており、そのパワーはなんと「1万トン」という、当時世界最大級の工作機を使って作られたアルミホイールなんです。”超”軽いだけでなく、デザインも秀逸で、現在はプレミア価格で取引されている名品です。最近復刻したことでも、一部ファンの間で話題になりましたね。ちなみに僕も愛用しています。

 なおこのホイールは、かつて全日本GT選手権(現スーパーGT)で走っていたFD3S型のRX-7でも使用されており、意外とマツダと縁があったりするのもポイント。

ロードスター軽井沢ミーティングオーナーリポート画像はこちら

 街乗りもサーキットも楽しめるようなコンセプトでまとめられたこのロードスターは、井上にはどストライクな1台でございました。ほとんどホイールの話になってしまいましたね。けど、「オシャレは足もとから」と言われるくらいなので、ホイールはとても大事な要素です!

 続いてはこちらの赤いNAロードスター。関西圏のナンバーでした。自走組が非常に多かったのでこちらの方もきっとそうかも? こちらの特徴はなんといってもこのフルノーマル仕立てなところ! さまざまなカスタムがされたロードスターが多いだけに、ここまでオリジナルな1台は逆に新鮮でした。塗装も写真のとおりツヤツヤなのが素晴らしいですね。足もとをサラリと飾る特別仕様車などに純正採用されていたBBSが渋すぎます。

 オーナーがとても大事にしていることが見てすぐにわかりますね。これからも大事に維持なさってください。

ロードスター軽井沢ミーティングオーナーリポート画像はこちら

 どんどん行きましょう!

 次はこちらの赤いNDロードスター。このイベントは、自分のクルマの前でパーツやグッズを売ることができるのですが、このクルマの前に置かれた箱を見てみると、グッズやお菓子が入ってるわけではないんです。

ロードスター軽井沢ミーティングオーナーリポート画像はこちら

 では何が入っているのか。こちらはなんと猫用の餌「ちゅ〜る」の無料配布! なんと太っ腹なオーナーなんだ……。クルマ好きもとい、愛猫家にはなんとも嬉しい出店(!?)。こうやってクルマを通してさまざまな趣味の方と関係が持てるのオフ会のいいところですね。

 箱を見てみたところ、イベント開始数十分ほどだったのにも関わらずすでに空っぽでした。しかも、ちゃんとお金も入ってました。なんて優しい……。猫ちゃんを飼ってないこっちまでほっこりする1台でした。

ロードスター軽井沢ミーティングオーナーリポート画像はこちら

 続いて4台目。

 こちらは間違いなく会場で1番目立っていたと断言できる1台(他にいたらこっそり教えてください!)。凄いのひと言しか出てきません。まるで年末の紅白歌合戦に出場している某大物歌手の衣装のような迫力です。ロードスターへの愛がもう溢れ出て止まらないといった感じでしょう。あっぱれです! ただ、モール類の維持が大変そうだなぁといらん心配をしてしまったのはここだけのヒミツ(会場でつけたのでしょうか?)。

ロードスター軽井沢ミーティングオーナーリポート画像はこちら

 会場には、マツダが世界に誇る名機「ロータリーエンジン」をスワップした、とあるショップのNDロードスターのデモカーも展示されていたりしました。この仕様、全マツダオーナーの夢ではないでしょうか(そんなことない?)。僕はちょっとどころか”かなり”興味ありますね〜。スワップまでの過程や制御、馬力なんかも気になります。

ロードスター軽井沢ミーティングオーナーリポート画像はこちら

 そのほか、会場内を見渡すと、ロードスターに似合いすぎる「トランクケース」を載せているオーナーさんも多くいました。ヨーロッパ車のような雰囲気が出ていてどれもナイスでした! こんな仕立てにして長距離ツーリングなんてしたらきっと楽しいでしょうね。マツダさん、純正アクセサリーなんかで設定するとかどうですか?

ロードスター軽井沢ミーティングオーナーリポート画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報