納期遅延のさなかのマイチェンでさらに混迷!  新車販売はいまだ暗闇の真っ只中だった (1/2ページ)

納期遅延のさなかのマイチェンでさらに混迷!  新車販売はいまだ暗闇の真っ只中だった

この記事をまとめると

■2022年7月の販売台数が発表された

■軽自動車は生産遅延の影響が出始めたのが早いように見える

■納期遅延車の改良によってさらなる混乱を招いている

軽自動車の状況は“横ばい”といえる

 全軽自協(全国軽自動車協会連合会)統計によると、2022年7月の軽四輪乗用車販売台は10万1434台、前年同月比で104.8%となった。前年同月比でプラスとなったので、回復基調になってきたのかと思ったのだが、そうでもないようだ。前年同月といえば2021年7月、すでに半導体不足などによる世界的な自動車生産の遅延が話題となっており、日本でもその影響が出始めていた。そこで、コロナ禍直前となる2019年7月と比較すると、約83%となっていた。2021年7月の販売台数と2019年7月の販売台数を比較すると、2021年7月が2019年7月比で約78%となったので、2022年7月の結果をやや改善してきているとみるよりは、ほぼ横ばいと見たほうが良いといえよう。

【関連記事】いつになったら乗れるんだよ……他メーカーより納期遅延が酷くても皆「トヨタ」を選ぶワケ

ホンダN-BOXの写真画像はこちら

 登録車については、自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2022年7月の登録乗用車販売台数は18万6711台となり、前年同月比で87.8%となった。軽四輪乗用車同様に、2019年7月と比較すると、約72%、そして2019年7月に対して2021年7月は約82%となるので、登録乗用車の状況は2021年よりもやや悪くなっていると見たほうがいいだろう。

名前:
小林敦志
肩書き:
-
現在の愛車:
2019年式トヨタ・カローラ セダン S
趣味:
乗りバス(路線バスに乗って小旅行すること)
好きな有名人:
渡 哲也(団長)、石原裕次郎(課長) ※故人となりますがいまも大ファンです(西部警察の聖地巡りもひとりで楽しんでおります)

画像ギャラリー


新着情報