ハリアーの受注停止にまで発展した「大人気」がゆえに「納期遅延」に苦しむトヨタ! その間隙を突くホンダの攻めが見えた7月の新車販売動向 (1/2ページ)

ハリアーの受注停止にまで発展した「大人気」がゆえに「納期遅延」に苦しむトヨタ! その間隙を突くホンダの攻めが見えた7月の新車販売動向

この記事をまとめると

■2022年7月の車名別新車販売台数の結果を分析

■もっとも売れた新車はトヨタ・ヤリス

■データを読み解くと、ホンダの“攻めの姿勢”が見えた

現在フリードの納期は1〜2カ月ほど

 自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)の統計をもとに、軽自動車を含めた(含軽統計)2022年7月単月での通称名(車名)別新車販売台数をまとめると、2022年7月にもっとも売れた新車はトヨタ・ヤリスとなった。軽自動車販売トップのホンダN-BOXにわずか1500台ほどの差をつけてのトップであった。

【関連記事】いつになったら乗れるんだよ……他メーカーより納期遅延が酷くても皆「トヨタ」を選ぶワケ

トヨタ・ヤリスのフロントスタイリング画像はこちら

 とはいうものの、ヤリスは前年同期比で80.5%に終わっている。一方で登録車のみのランキングで2位のカローラシリーズは前年同期比141.2%となっている。早くて9月あたりにカローラシリーズのセダン、ツーリング、スポーツはマイナーチェンジを実施するともいわれている。新型コロナウイルスも新たな変異株が猛威をふるっており、思うように新車の製造が進まないなか、改良前モデルのバックオーダー消化もラストスパートといったところのように見える。またカローラ・クロスも深刻な納期遅延が続いているので、7月は生産資源をカローラシリーズに集中させているようにも見える。

 総合ランキングで10位にホンダ・フィットが入っている。こちらも、改良を控えてのラストスパートといえるかもしれない。2022年に入り2月以降はフリードがホンダの登録車では販売トップを維持していたが、今回はホンダ車のなかで3位になっている。6月末にマイナーチェンジを実施し、一時的に供給体制が鈍ってしまったようだ。

ホンダ・フィットのフロントスタイリング画像はこちら

 ただ、ライバルであるシエンタの新型も近々デビューするので、フリードはガソリンで1カ月、ハイブリッドで2カ月という、かなり早い納車が可能となっている。ホンダでの販売中核車種となっているので、8月以降は再びホンダ登録車でトップになる可能性も十分ある。総合ランキングで2位となっているN-BOXより納期が短くなっていることからも、9月の事業年度締めでの半期決算セール及び、暦年締めでの年末セールへ向け、かなりねらい目の新車になっているといっていいだろう。

画像ギャラリー


新着情報