理屈じゃなく「ないと寂しい」クルマ好きのサガ! 消えゆく運命だとしても無くなってほしくないクルマの装備6つ (1/2ページ)

理屈じゃなく「ないと寂しい」クルマ好きのサガ! 消えゆく運命だとしても無くなってほしくないクルマの装備6つ

この記事をまとめると

■クルマは日々、進化している

■便利になっていく一方で、消えてしまう技術や装備も

■この記事では無くしてほしくないモノを6つ挙げた

クルマ好きには耐え難い!

 クルマは進化していくもの。便利になったり、快適になったりするなど、とても素晴らしいことだ。この点に異論はない。それを前提としてあえて言うと、進化の影で消えていくものも確実にある。なんだか寂しい気がするのもまた事実だ。無駄とか時代遅れなどと言ってしまえばそれまでだが、安易になくしてほしくないモノを集めてみた。

ガソリン

 世界的に電気自動車にシフトしている今日この頃。対照的に内燃機は肩身が狭くなっていくばかりだ。消えゆく運命というのはわかるが、無くなってほしくないという思いもある。モーターならではのなめらかでシームレスな加速も新感覚でいいが、アクセルを踏んだときのドカンという爆発を伴った感覚は内燃機ならではのもの。

【関連記事】エンジンだけじゃなかった! クルマの電動化で「消えゆく」6つのモノ

ガソリン車のイメージ画像はこちら

MT

 とくにスポーツカーでは内燃機とともに語られることが多いのが、マニュアルトランスミッションだ。シフトを操作しながら、キビキビと走らせられるのが醍醐味。人馬一体だったり、操っている感が満喫できるのはMTならではの味わいだ。それがなくなるのはクルマ好きには耐え難いかもしれない。

MT車のシフトノブ画像はこちら

サイドブレーキ

 最近では軽自動車にも採用されているのが、ボタン式の電子パーキングブレーキ。指先ひとつで確実にかかるし、オートモード付きであればその操作すらいらなかったりする。これはこれで快適なことこの上なしではあるが、カリカリカリと音をさせながら手で引っ張り上げるのは、操作している感覚に溢れていて気持ちいいもの。安全装備との絡みもあるとはいえ、残しておいてほしい装備だ。

サイドブレーキ画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報