元初代オーナーも納得! 新型シビック・タイプRのココが胸熱!! (1/2ページ)

元初代オーナーも納得! 新型シビック・タイプRのココが胸熱!!

この記事をまとめると

■自動車評論家やジャーナリストが新型のシビックタイプRで注目している点を紹介

■初代モデルをオマージュした点もあり往年のファンも喜ぶ仕様になっている

■限定販売などを行わず、カタログモデルとしてラインアップしているところにも注目だ

いよいよ販売目前となった新型シビックタイプRのここに注目!

 間もなく新型となる6代目が登場しようとしているホンダ シビックタイプR。ホンダのスポーツモデルの最上位グレードでもある「タイプR」の称号は、過去にNSXとインテグラ、そしてアコード(欧州のみ)のみに与えられた由緒正しき名前となっている。

【関連記事】いくらなんでも高すぎる! 発売まもないシビック・タイプRが販売価格の「3倍」の「1600万円」で落札された背景とは

タイプRエンブレム画像はこちら

 じつは筆者も過去に初代シビックタイプRを所有していたことがあり、最後の内燃機関を搭載したタイプRとなると噂されている新型シビックタイプRには注目しているところであるが、元オーナーが目を付けた新型の気になるポイントをピックアップしてみたい。

デザインがスリークになった

 先代型のシビックタイプRは、「ガンダムチック」とも称されるようなメカメカしいデザインがいかにもホッテストモデル、という雰囲気を醸し出していた。

先代シビックタイプR画像はこちら

 もちろんそのエアダクトなどのデザインは空力性能の向上に裏付けされたデザインであったことは間違いないが、初代シビックタイプRを所有していた筆者にとって、タイプRのエクステリアは純正+α程度の落ち着いたものというイメージがあり、ベース車とそこまでイメージの変わらないデザインとなった新型には好感を覚えているのだ。

新型シビックタイプR画像はこちら

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ

画像ギャラリー


新着情報