グリーンと真鍮色を組み合わせて特別感を演出したモデルがラインアップ! ミニ・クラブマン「アントールド・エディション」を発売 (1/2ページ)

グリーンと真鍮色を組み合わせて特別感を演出したモデルがラインアップ! ミニ・クラブマン「アントールド・エディション」を発売

この記事をまとめると

■ミニ・クラブマンの特別仕様車「アントールド・エディション」が発売された

■グリーンと真鍮色を内外装に使用して特別感を演出

■誰もが振り返るようなデザインを施したクルマとなっている

不思議な魅力を込めた特別仕様車

 初代モデルが2008年の3月2日(ミニの日)に合わせて日本に導入、発売されたミニ・クラブマン。ミニの特徴的なデザインを纏いながら人も荷物も乗れるパッケージングとし、左右に観音開きする「スプリットドア」採用もユニークだった。現在は2015年にフルモデルチェンジした2代目モデルになっており、スプリットドアも継承されている。

 そんなミニ・クラブマンに特別仕様車「アントールド・エディション」が発売された。

【関連記事】ステップワゴンも廃止! 「横開き」のリヤゲートが最近のクルマから消えつつある理由

ミニ・クラブマン「アントールド・エディション」のリヤ画像はこちら

 この特別仕様車は、モデル名にも採用されている「アントールド(Untold)」の「言い表すことのできない、今までに見たことがない」という意味を、「語るまでもない存在感のある特別仕様車」というコンセプトに置き換えて、誰もが振り返る華麗なデザインを纏ったクルマとして仕立て直されている。

 外装は、ミニ・クロスオーバーの外装色であるセージ・グリーンを採用し、ホイールアーチやサイドステップも濃いグリーンで塗装することで統一感が演出された。フロントグリルフレームやリヤの「クラブマン」のバッジ、18インチホイールにはブラス(真鍮)カラーを使い、存在感のある見た目になった。

ミニ・クラブマン「アントールド・エディション」の全体画像はこちら

 さらに、ルーフからボンネットに渡って続く専用デザインの5本ストライプ、ホイールアーチ下部のスカットルやドアミラーに用いられたストライプのグラフィックが、このクルマだけの個性を演出する。

画像ギャラリー


新着情報